3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

ダニエルズ式インターバル走。目標タイム フルマラソン3時間35分。世界の中心で、「ミトコンドリア」を叫ぶ。

俺は、インターバル走が嫌いだ。
なぜか。

それは、「キッツいから」
それに尽きる。

が、それを払拭するために、俺は調査をした。
インターバル走のような高強度のトレーニングの効果を。

そして、高強度のトレーニングにより、速筋のミトコンドリアが増え、結果、速いスピードで長い距離走れるようになることが分かった。

※詳細は、こちらのエントリーを。


よし、いいだろう。
効果をしっかり理解できた俺は、藤原新選手の動画を見てしっかりイメージトレーニングした俺は、インターバル走をやることを心に決めた。
そんな休日の午後だった。

先日の岩本式ビルドアップ ソツケンの目標タイムはフルマラソン3時間35分。
ソツケンはしっかりクリアできたが、ダニエルズ式のインターバル走の目標タイムを3時間35分として、走ることにした。

VDOT計算機で、フルマラソン3時間35分のタイムを入力すると、Iペースは、
キロ4分19秒
となる。


よし行こう。
1km ×5本のインターバル走。

で、結果はこちら。


3分58秒/4分10秒/4分18秒/4分17秒/4分17秒
でなんとかクリア。
ギリギリ…


1本目、飛ばしすぎたせいで、2本目以降が地獄に。
一番キツかったのは、3本目から4本目にかけて。

このとき俺は、藤原新選手の言葉が頭をよぎった。
そして、こう叫んだ。

「ミトコンドリアぁぁぁぁ!」

周りに人がいたから、小声で。


ちっちゃく叫んだことで気合が入った俺は、5本目までなんとか目標タイムをクリアできた。
やはり、藤原新選手の言っていたことは本当だった。
「ミトコンドリア」と叫ぶと苦しさに前向きになれる。


ちなみに、決して「ミトコンドリア」と叫びたかったから、インターバル走をやった訳ではないと、断っておこう。



こちらが、ペースと心拍のグラフ。


何とかインターバル走を完了できたのだが、一つ気になることが。
こちらのトレーニング効果だ。


有酸素の3.2に対して、
無酸素は1.6。

これで良いのか?
1.6程度のトレーニング効果で速筋のミトコンドリアは増えてくれるのだろうか。
この点については、実地検証が必要そうだ。

また一つ宿題ができてしまったな。



いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村