3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

全力中年オリジナルTシャツ、作ってみようかと。

ランニング時のTシャツ。

オシャレでお気に入りのものを着たいと思う方も多いと思う。

気に入ったものを身に付けることで、モチベーションが上がり、タイムも上がるような気がする。

俺もそんなことを思う一人だ。



いくつかのお気に入りはあるものの、なんかしっくりくるものがない。

なので、「いつだって全力中年。オリジナルTシャツを作ってみようかなぁ」なんてことを、仕事でご一緒している「昔はモテたスーパー技術者」に話をしてみた。

すると、その「昔はモテたスーパー技術者」は、

「ちょっとデザインしてみますね。」
と。


「昔はモテたスーパー技術者」とは、もう5年くらいの付き合いだ。

仕事でキッツいときは、その技術力で俺をサポートしてくれ、仕事が超絶暇なとき 落ち着いているときは、くだらない世間話に華を咲かせたりした。

少し太っているのでランニングをお勧めしたところ、Garminのウォッチを購入し、ときおりインターバル走的な散歩をこなしている。

昔モテたあの栄光を取り戻そうとしているのだろう。



「ちょっとデザインしてみますね。」

という言葉、冗談だと思っていた。

が、数日後。

「この前言っていた、デザイン。作ってみました。」
「ちょっと見てください。」




どどーん。
f:id:Alloutrun:20180414171635j:plain



後頭部をトンカチで殴られたかのような衝撃。
すげークオリティの高さ。

「昔はモテたスーパー技術者」の専門は、プログラミングだ。

専門外の「デザイン」という領域でもこれだけのクオリティを発揮できるとは…


なかば冗談で企画されたオリジナルTシャツ作り。

だが、これだけのものを用意されてしまっては、後に引き下がれない。

なので作ろうかと思う。

「いつだって全力中年。オリジナルTシャツ」を。

全国の全力で頑張っている中年の皆様にも来ていただけるようなTシャツを。



俺は帰宅後、この素晴らしいクオリティのロゴを奥方に見せた。

興奮気味に、
「すごいでしょ、このデザイン。」
「Tシャツ作ろうと思うんだ。そのデザインの原型。」



「すごいね!カッコいいデザイン!」

的な返答を期待していた俺。



ところが、

「これ、私がいないじゃん。いいよいいよ。シングルファザー設定ってことで。」



やべぇ・・・


すっかり忘れていた。

奥方の存在を。


冷や汗を掻きながら、

「いや、そういう訳じゃなくて、あの~・・・」
「「昔はモテたスーパー技術者」さんが、善意でデザインしてくれたんだよ。これがTシャツにそのままなるわけじゃないからさ。」


その後、奥方はしばらく口を聞いてくれなかった。




Tシャツのデザインの「いつだって全力中年。」は、筆文字で書くイメージ。
何かしらのロゴを小さく右下に付けるイメージ。

そんなデザインのTシャツを作ってみようかなぁ。

いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村