3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

川内優輝選手ボストンマラソン優勝おめでとう!

昨年のボストンマラソンで、大迫傑選手が
2時間10分28秒
で3位に入ってから1年後。


2018年のボストンマラソンにて、あの川内優輝選手が魅せた。

2時間15分58秒
で堂々の優勝。

実に日本人選手としては、瀬古俊彦選手以来31年ぶりの快挙。

ボストンマラソンは、今回で122回目の開催となる伝統ある大会であり、ワールドマラソンメジャーズの一つである。


タイムは平凡ではあるが、決して出場選手のレベルが低かった訳ではない。


昨年のボストンマラソン覇者であり、ロンドン世界陸上金メダルのジョフリー・キルイ選手は、
2時間18分23秒
で2位。

川内優輝選手は、2位と実に2分以上の差を付けての優勝だった。

昨年のボストンマラソン2位、ナイキ・オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手は、
途中棄権。

ロンドン世界陸上銀メダルのタミラト・トラ選手も
途中棄権。



優勝: 川内優輝(日本)
 2時間15分58秒

2位: ジョフリー・キルイ(ケニア)
 2時間18分23秒

3位: シャドラック・ビウォット(USA)
 2時間18分35秒



2018年ボストンマラソンは、スタート時の気温が約3度で、しかも雨で強風という最悪のコンディションだったようだ。
また、ボストンマラソンでは、ペースメーカーが付かないため、よりレース戦略が重要となり、選手の真価が問われるレースと言われている。

強豪がひしめき合い、天候も悪い中での優勝。

非常に価値がある優勝と言えるだろう。


川内優輝選手は、スタートから飛び出した。
最初の1kmのペースは、2分50秒程度。
非常に速いペースで、途中までは先頭集団を引っ張る走り。

速いペースについて解説者に「Carzy!!」と言われていたが、後のインタビューで川内は、スローペースにしないための作戦だったと語っている。

川内はその後も、25km過ぎまで先頭集団か2番手集団で粘りの走りを見せる。

30km手前、集団から抜け出したキルイが徐々に差を付け始める。

川内は、2位を走っていたが、35km時点でその差は1分30秒を超えていた。

見ている人のほぼすべてが、キルイの優勝で決まると思っていただろう。

ここから川内が驚異的な脚を見せる。

40km過ぎにキルイを捉えたかと思うと、脚を使い果たしていたキルイを一気に追い抜き、最後は2位以下と2分以上の差を付けてのゴール。
「追い抜いたかどうか分からなかったので、とにかく前へ前へと走っていました。夢の中を走っているような感じでした。」と。


ゴールテープを切った後、係員のおじいさんに
「Congratulations!」
と声を掛けられ、
「サンキュー!よしっ!うぉっしゃー!」と喜びを表現する川内。

表彰台の上で、涙する川内の姿は印象的だった。


ゴール後のインタビューでは、
「今は寒いですけど、走っているときは最高のコンディションでした。」
と、寒いことが功を奏したと語っている。


詳細のラップを確認すると、40kmからの2.195kmを川内は、7分16秒で走り切っている。
対するキルイは、10分1秒。
f:id:Alloutrun:20180417211444j:plain


※詳細タイムが「‐」の部分は、計測がバグっていたと思われる部分。
 その部分のラップは、それっぽく補間しています。



ちなみに各選手の詳細のタイムは、以下のボストンマラソンの公式大会ホームページ内で検索可能だ。
Boston Athletic Association - BAA.org



トップ10位の推移は、
「Athlete Tracking」→「Individual」→ 「Leaderboard」

各個人の詳細タイムは、
「Athlete Tracking」→「Individual」→「Tracking」→「検索窓に名前を入力」
でそれぞれ確認できる。



川内優輝選手は、今年の正月に開催された
マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン
で、マイナス17度という極限の環境の中、2時間18分56秒で優勝した。

このマラソンの参加者は3名だったと言う。


このニュースを見たときにも思ったのだが、
市民ランナーがここまでマラソンに熱意を持って取り組める、そのモチベーションは何なのだろう。

いや。
もはや市民ランナー、実業団ランナーなどのくくりは無意味なのだろう。



ここ最近、仕事が忙しくて…という理由で走る頻度が減ってきた俺。

川内優輝選手の走りを見て、自分の体たらくに嫌気が差したところだ。

明日以降、気合を入れて走ろうと思う。


いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村