3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

設楽悠太選手は、体幹トレーニングをやらないという事実。

今日は、俺の所属する草野球チームでの練習日。

高校時代に野球部でピッチャーをやっていた俺は、このチームでもやはりピッチャーをやっている。


高校時代の練習と同様に、一人で、野手の練習とは違うメニューでアップをする俺。


ベースボーラーとして、そしてランナーとしてアップをする。


野球のグランドでも、ランナーであることを忘れていない俺に酔う俺。


ナイキ・オレゴンプロジェクトのルーティンのプライオメトリックスと、体幹トレーニングをやる。

【調査報告】ランニングフォーム向上のためのドリル@ナイキ・オレゴンプロジェクト - 3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

【調査報告】ナイキ・オレゴンプロジェクトに見る体幹トレーニング - 3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。




ピッチャーだけ別メニューをこなすのは、草野球チームでも強豪チームだろう。

外野のあたりでキャッチボールを終えた他のメンバーが、完璧なアップをこなしている俺がいるベンチ付近に戻ってくる。


===
「ピッチャーの自覚がでてきたねぇ。」

「いやいや。次の公式戦で先発するためには、しっかりとした準備が大切ですからね。」
===

的な会話が繰り広げられるだろうと、会話の切り返しを準備していた俺。



「おいおい。遅刻した上に、一人別メニューで輪を乱すなよな。」

と冗談交じりではあるが、ちょっとマジな監督兼選手の「ちょっと薄めのトシちゃん」。


ごーん。


あまりに俺の想定と違う流れに、苦笑いでしか返せなかった。


確かに、俺は遅刻した。
奥方の運転する車で送ってもらったのだが、奥方の用意が少々遅れたためだった。

そこは申し訳なかったが、ピッチャーだけ別メニューは、このチームではあまりよろしく無いようだ。

ならば、今後は、ナイキ・オレゴンプロジェクトのルーティンを草野球にアレンジして、みんなでやるようにしてやろうじゃないか。

「ナイキ・オレゴン的草野球のルーティン」については、今後記事にするので、乞うご期待。



で、自宅に帰り、草野球のルーティンに参考になりそうなことを調べまくる俺。



そんな中、見つけた設楽悠太選手の最近のインタビュー動画。

三井不動産が提供している「SPORTS BULL」の中の「CRAZY ATHLETE」で、全4回の設楽悠太選手のインタビュー動画が掲載されていた。
sportsbull.jp


ちなみに、リンク先は、Vol.1。
2018年4月1日現在、Vol.3まで掲載されている。


フルマラソンの日本記録保持者とは思えない、漂々とした受け答え。
ただ、たまに見せるレースに対する受け答えの際の目の力は、凄まじい。


このインタビューの中で、俺は一つ衝撃を受けた。

「(体幹トレーニングは、)全くやらなくなりました。」
「いらないっすね。無駄な筋肉っす。」

f:id:Alloutrun:20180401212127j:plain


がびーん。


俺は、体幹トレーニングで、無駄な筋肉を付けようとしているのだろうか。


今は体幹トレーニングをやっていない設楽悠太選手も、東洋大学時代は行っていたようだ。

東洋大学時代の設楽悠太選手は、凄まじかった。
1年生: 箱根駅伝3区 8位  1時間04分00秒
2年生: 箱根駅伝7区 区間賞 1時間02分32秒
3年生: 箱根駅伝3区 区間賞 1時間04分36秒
4年生: 箱根駅伝3区 区間賞 1時間02分13秒


おそらく、体幹トレーニングも設楽悠太選手にとっては、大学時代には効果があったが、体幹ができ上った今となっては不要なのだろう。


ナイキ・オレゴンプロジェクトのルーティンとしても取り入れらている体幹トレーニング。

だが、設楽悠太選手は「いらない」と言う。


おそらく、俺には必要。

走りながら体幹を鍛えられるほど走れていないから。




俺は、しっかり体幹トレーニングを続けようと思う。


そして、

「(体幹トレーニングは、)いらないっすね。」

と、サブ3を達成した時に言いたいと思う。



いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村