3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

【調査報告】ランニング時のストライド(歩幅)とピッチの目安について。

昨日のランニングで、ストライド(歩幅)が1.21mに伸びていた俺。

「速く走るためにはストライドが長い方が良い。」という伝説を信じている俺。

その伝説が真実なのか、論文を調査してみた。


あるじゃないか。


ストライドと、速度、身長などの体格との関係を綿密に調べている論文だ。
"Stride length in distance running: velocity, body dimensions, and added mass effects"


簡単に計算できるツールは、別のエントリーで。
リンクをこの記事の最後に掲載している。



■速度からストライドとピッチを求める計算式

論文では、走る速度から、目安のストライドとピッチを計算する式が紹介されていた。

ストライド[m] = 0.599 × 速度[m/s] + 0.387

ピッチ = 1.203 + 0.0575 × 速度[m/s]


こちらが、各被験者ごとの速度とストライドの関係のグラフ。
上記の式は、このグラフから求められた式になる。
f:id:Alloutrun:20180409205712j:plain



STRIDE LENGTH(ストライド長)は、2歩分になるので、ガーミンなどで測定される歩幅は、半分になる。

こちらのグラフを見ると、速度が上がると、ストライドは比例して伸びることが分かる。

速く走るためには、ストライドを大きくすることが良いというのは、事実のようだ。

一方、VELOCITY(速度)が3.2[m/s]あたりを見ると、ストライドが2.0[m]程度の被験者もいれば、2.5[m]程度の被験者もいることが分かる。


論文に記述があったが、それぞれの人ごとに、最適なストライドとピッチは異なるとのこと。

骨格や、これまでのトレーニング、シューズなどの要因で、最も適した(エネルギー効率の良い)ストライドになるとのこと。

即ち、計算式で求められるストライドとピッチは、目安に過ぎないということだ。



■速度と脚の長さからストライドとピッチを求める計算式

同論文の中で、21人の被験者の骨格を測定して、ストライドとの関係を導き出している。

ストライドに関係する骨格のパラメータは、「脚の長さ」。

脚の長さは、腰骨あたりの高さとのこと。
計測する際は、こちらの図を参考にして欲しい。
腰骨の付け根あたりの地面からの高さを測る感じだ。
f:id:Alloutrun:20180409205734j:plain



ストライド: SL(Stride Length)
脚の長さ: LL(Leg Length)
速度: V(Velocity)
重力加速度: g(gravitational acceleration)

としたときの式は、こちら。
少々複雑だ。
文字がつぶれているが、最後の文字は「0.43乗」。
f:id:Alloutrun:20180409205750j:plain



この式と、実際の測定点のプロットは、以下のグラフ。
相関係数は、0.864。分散は少々大きそうだが。
f:id:Alloutrun:20180409205843j:plain


これらの計算式を使って求、ストライド(歩幅)とピッチを求めるツールは、こちら。
all-out-run.hatenablog.com



俺の場合、昨日の練習での測定結果と照らし合わせると、
脚の長さ:90[cm]
1kmのペース:291[秒/km]

で実際の測定は、
ストライド(歩幅):121[cm]
ピッチ:170[回/分]
だった。

ツールでの計算結果は、
ペースのみから計算
 ストライド(歩幅):122.3[cm]
 ピッチ:168.1[回/分]
 
ペース&足の長さから計算
 ストライド(歩幅):117.8[cm]
 ピッチ:175.0[回/分]

となる。

体格を考えなければ、ペース的にほぼ自然なストライド。
体格(脚の長さ)を考慮すると、若干ストライド走法。

ってことになるのかな。

ぜひ、ツールを使って皆さんも考察していただきたい。


いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村