3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

設楽悠太選手は、スタミナよりもスピード重視の練習。

設楽悠太選手は、体幹トレーニングをやらないという衝撃的な発言があった、こちらのインタビュー。
sportsbull.jp



このインタビューの中で、日々の練習に関することを、チラッと話している。

「スタミナよりスピード」
f:id:Alloutrun:20180402230225j:plain


「40km走は、疲れただけでしたね。これ意味あるのかなと。」
f:id:Alloutrun:20180402230238j:plain




また、先日の「Number Do」の中での設楽悠太選手のインタビュー記事の中で、

レースの約1週間前に1000mを5本くらいやって、、、

3日前に25km~30km走を必ず取り入れてます。
”3日前にそんなに走るの?”って大体ビックリされますね。

ただ、その他の練習は大学生でもできる内容です。

これらの話から推測するに、

・30kmを超える距離の練習はやらない

・レース3日前に25km以上は走る

・スピード重視の練習

ということが見えてくる。


スピード強化の練習といえば、やはりインターバル走だろう。

インターバル走をポイント練習として、クロカン、ペース走、ジョグなどを行い、レース3日前に25km走を行う。

こんな感じの練習だろうか。


スピードを強化しながら、そこそこの距離を走れる「インターミッテントトレーニング」。
走る時間があまり取れない市民ランナーには、最適な練習だと俺は考えている。
all-out-run.hatenablog.com



俺は、練習で15km以上走ることがめったにない。

単純に時間がかかるから。

そして、スピードを強化する練習が、マラソンを速く走ることに最も効果があると考えているから。

いやいや、もっと距離を走らないと速くなれないぞと、ランの神様の声が聞こえてきそうだが…



設楽悠太選手の

「スタミナよりもスピード」

この言葉で、設楽悠太選手も長い距離の練習はしないんだぁと、なんかほっとした。


これからも、インターミッテント、スピード練習を中心として、サブ3.5を目標に練習を続けたいと思ったのだった。


いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村