3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

HOTT5000m。独りぼっちの俺のタイムトライアル5000m。

オトナのタイムトライアル、通称「OTT」の結果 仕事中に 確認するランニングに熱心な俺。


有名マラソンブロガーの方々の5000mの記録の速さに戦慄が走る。

「あの方は、こんなに速く走るのか… 一緒に走るのが怖いぜ。」と。

独り、仕事中に 震えていた。
その震えが、怖さからくるものなのか、はたまた武者震いだったのか。



例えば、
昨年末頃からしばらく、走ることから遠ざかっていたことがブログから見て取れる
キクチヒロシ選手
が、5000m8組で参加されていた。

記録は、
19分50秒6

※ちなみに、キクチヒロシさんにお会いしたことは、ない。
※そのブログから繰り出されるパンチ力の半端なさに、いつも脱帽している。
※キクチヒロシさん、勝手に紹介してしまい、すいません…


俺とはレベルがちげぇ…

「マラソンあるあるネタ50連発」なんかを書くために時間を使っている場合じゃねぇ…


そう感じた俺は、OTT5000mの3組にエントリーされた想定で、HOTT5000mを執行することとした。

HOTTとは、
「独りぼっちの俺のタイムトライアル」
のことを指す。

※造語です。

俺は2日後に、こちらのイベントにて10kmのタイムトライアルをやる予定だ。

HOTTの5kmのタイムから、2日後の10kmの想定ペースも計算できるだろう。


OTT5000m3組のトップのタイムは、
20分50秒8
キロ4分10秒ペース

俺の5000mのベストは、いつもの坂あり周回マイコース、岩本式BUの3段目に出した
21分51秒
キロ4分22秒ペース

5000mのガチのタイムは測ったことがなかったようだ。
昔、よこはま月例で20分くらいで走ったことがあるような気がするが、記録に残ってないし、記憶もあいまいだ。



「あるいは、3組であればトップでゴールできるかもしれない。」
俺は、そんな淡い期待を持っていた。

が、5000mを本気で走るキツさは、皆さんご承知おきの通りだ。

更にこの日の最高気温が22度だった横浜は、19時とは言っても、ランニングには暑すぎる気温18度。


でも、そんなことは関係ない。
俺は、独り走る。

5000m先の栄光のゴールに向かって、独り走る。

2kmほどのジョグからのHOTT5000mだ。
コースは、いつもの坂あり周回マイコース。

繰り返そう。
HOTTとは、
「独りぼっちの俺のタイムトライアル」だ。


「On your marks」
独りつぶやく。


独りで走るが、決して独りだけでタイムを競うわけではない。
OTTの3組で勝負だ。

スタート!!

最初の1km
4分14秒。

3組トップの選手のタイムになんとかついていく。


2kmのラップ。
4分8秒

よし、良い感じだ。
トップの選手にピッタリとつく。


3kmのラップ。
4分5秒

ここで、OTT3組のトップに立つ。
これ、いけるんじゃないか?

が、心拍と脚に来る感じがしてくる。
つらい…


4kmのラップ。
4分14秒

いかん。
体全体がきっつい。
呼吸が苦しい。

が、まだOTT3組のトップ、20分50秒には届くはずだ。

そして、あと1周となったときに、上り坂。

悶絶!

上り坂で、完全に脚を使い果たす。

坂は、こんな感じで1.1kmおきにやってきた。


最後、5kmのラップ。
最後、風と自分の鼓動しか聞こえない、無意識の中を走りながらも、振り絞る。
4分21秒

結果。



がびーん。
14秒届かずか…


OTT5000m3組ならば、3位。
4組ならば、9位。


これが、今の俺の実力。
今を受け入れ、未来につなぐ。
「練習あるのみ。」


が、やはりTTは独りでやると、最後の最後で頑張れないような気がする。
5月13日のイベントには、俺よりちょびっと速い方がいることを期待しよう。


こちらは、ランの詳細のデータ。


ストライドは1.28m。
もっと長くしたい。


くそー。
悔しい。
もっともっと速く走れるようになりたい。


と、強く思いながらも、金曜日のビールを思う存分に楽しんでしまう俺だった。


応援のポチ、よろしくお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ