3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

速く走るために。成長とブログを始めた経緯の振り返りと、本気のインターミッテント走と。

タイムを追い求めて本気で走り始めてから約4か月。

どれくらい成長できたのかを確かめてみた俺は、驚愕した。


「全く成長してねぇ…」


こちらが、ブログ開始当初の1月27日のラン。


こちらは、4月8日のラン。



タイムを追い求め始めたのは、昨年の12月頃からだ。

どうすれば速くなれるのか、マラソンのブログというブログを読みまくった。



その当時は、なかば異常な精神状態だったかもしれない。

速く走れるラットについても英語の論文を読んだりしていた。

とにかく暇があれば、ググり、マラソンブログをほじくり返していた。

マラソンブロガーの方々は、俺よりもずっと速いという事実を知る。

そして、一つの結論に至る。



「そうか。俺もブロガーになれば速くなれるんじゃないか。」



思考回路がどうかしていたと思う。

もしくは、インフルエンザB型に脳みそまでやられていたのかもしれない。

が、異常な精神状態だった俺は、このブログを始めることになった。

「速く走れるようになるはずだ」、そう信じて。


そして、本気で走り始めて約4か月、ブログ開始から約2か月。


練習タイムを比較したところ、成長が見られないのだ。

これは、驚愕せずにはいられないだろう。



昨年の湘南国際マラソン、4時間4分13秒。

今年の板橋シティマラソン、3時間44分36秒。

マラソンのタイムは、20分ほど更新できたが、練習のタイムが伸びていない。


そして決めた。

「より全力で練習に取り組む」



ラットの論文を読みまくって出した結論。

「速くなるためには、インターバル走」
all-out-run.hatenablog.com



そして、今日。

俺は、本気で練習する。

インターバル走より効果的だと考えている、インターバル走もどきの「インターミッテント走」。


インターミッテント走は、1分疾走+4分ジョグを12本から15本こなす。


今日の俺はいつもとは違うはずだぜ。


からの、インターミッテント走12本。



やはり、練習に取り組む気持ちが大事なんだろう。

今日は、インターミッテント走@いつもの坂あり周回マイコースでのパーソナルベストで走れた。


詳細のペース。
疾走は、3分40秒ペース。
ジョグは、5分20秒ペース。


心拍にも結構効いている。


そして、このトレーニング効果。


やはり、練習にも気持ちを入れて対峙する必要があるな。


「レースは、(練習の)トレース。」

岩本氏のこの言葉には、いつも助けられる。

初心に帰れるのだ。


多くの速く走れるマラソンブロガーがいらっしゃる中、走力もブロガーとしても俺はまだまだ未熟者だ。

これからは、もっと真摯に、そして全力で練習に取り組み、名実ともにマラソンブロガーとして認められるようになりたいと思う。


いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村