3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

よこはま月例マラソン10km。PB更新と、始めまして「はてブロランナー」と。

毎月第三日曜日は、「よこはま月例マラソン」が新横浜駅前公園で開催されている。

前回4月は、朝から台風のような荒天だったため、残念ながら不参加。

今回こそは絶対に参加してやると心に決めて、4月からの1か月を過ごした。

前日に「親父の会」の飲み会が開催されることになり、翌日の二日酔いが決定的となった俺は、当日DNSの甘い誘惑に負けないよう、ブログで告知をすることにした。

■よこはま月例マラソン当日

2018年5月20日(日)

前日の親父の会の飲み会から0時過ぎに帰宅した俺は、目覚まし時計のスヌーズを5回ほど繰り返し、二日酔いの頭痛が癒えて欲しいと布団の中で願いながら、大海原の上を漂っているような揺れを感じていた。

「この二日酔い、走るコンディションじゃねぇ…」

安定の二日酔い。

布団の中で、「DNS」の3文字がチラつく。

が、俺も一生懸命走るようになって、精神的な強さも鍛えられてきたようだ。

寝起きでポカリスェットをゴクゴク飲み、ウコンの粒を飲み、「よこはま月例」のゼッケンをランTに付け始めた。

なかば、義務感だ。


そう。
俺がブログで告知した効果が出たのだ。


「はてブロランナーの皆様と一緒に走らなければ!」


そして、奥方と次女と三女で、新横浜駅前公園に向かう。


■会場に到着。「初めまして」の緊張感。

受付を済まし、いつもの垂れ幕の前で1枚。


会場に到着した頃、ちょうど5kmの先頭集団がゴールする頃だった。

係員の方が、先頭集団のゴールのタイミングでタイムを読み上げていた。
「16分30! 35・・・」


俺がこの日、お会いできる予定だったはてブロランナーの皆様は、サブ3前後の4名。
おそらく18分から19分の間にゴールしてくるだろう。


そう思いながら、ゴールでそれらしき人を探す。

「あ!!!!」

あのサングラスをかけたエロさがカッコよさがにじみ出ている方は、ちみのすけさん(id:chiminosuke)だっ!
一瞬で分かった。


そこから遅れること10秒程度か。
笑顔でゴールするマラソンブロガーっぽい方。

※最近は、マラソンブロガーの気配を感じられるようになってきている俺。

「えいさん(id:eizack)か、Petaさんじゃなかろうか。」


そこから少し遅れて、なおとさんがゴール。

なおとさんは、板橋シティマラソンでお会いしていたので、すぐに分かった。


5kmのレースが終わった後、それらの方々が輪になって談笑していた。

小心者の俺は、タイミングを伺っていた。

「第一印象が一番重要だぞ。」

父親が俺に教えてくれた、第一印象の重要性。
そのの言葉が、俺の頭の中で巡回する。

そして、極度の緊張。

「このまま、お会いせずに帰ってしまった方が、楽なんじゃないか。」
自己紹介DNS。
そんな小心すぎる気持ちすら出てくる。


が、それでは、ブログに書けねぇ!


ここでも告知した効果が出た。

勇気を振り絞り、その集団に近づく。

「どうも、『横浜の・・・』。なおとさん、お久しぶりです。」

しょっぺぇ…

自分の事を「横浜の全力中年」と紹介することに、全く慣れていない俺は、恥ずかしさと極度の緊張のあまり、ハンドルネームで自分を呼ぶことができなかった。


「あぁ!横浜の全力中年さん!」
Petaさんが、気付いてくれた。

えいさん、ちみのすけさん、そして最近ブログを始められたJunさんと自己紹介をし合う。

「なんて呼べばいいですかね?『横浜の全力中年さん』は長いよね。『全力さん』?」
とPetaさん。

そして、どうやら、「全力さん」と呼ばれ始める。


極度の緊張感から、何をお話ししたか、あまり覚えていないが、皆さん温かかった。


なおとさんともお話しするのは、ほぼ初めて。
板橋シティマラソンのときは、ご挨拶くらいしかできていなかった。

なおとさんの速さは、元実業団なんじゃないのか?的レベルだ。
ただ立っているだけで、その体幹の強さが分かってしまうほど、ランナー感が半端ない。


ちみのすけさんは、ハンサムだ。これでサブ3なのだから、モテないわけがないだろう。そして、想像していたよりもずっと真面目で好青年の印象だ。


Petaさんは、漫画「かりあげクン」的な見た目なのかと思いきや、全然かりあげクンではない。非常にフレンドリーで盛り上げ役のような印象だ。


えいさんは、想像してたよりも背が高い。というか、本当に背が高い。ブログから受ける爽やかで真面目なイメージ、そのままの印象だ。1年生のお子さんを3kmのレースに出場させていた。あるいは、スパルタパパなのか。


Junさんは、最近ブログを始めたとのことで、ブログからの印象があまりなかった。が一目見て、芸能人の「伊藤淳史」さんに似ていると思った。ふくらはぎがしっかりした伊藤淳史だ。


こちらのマラソンブロガー5名は、俺よりも数段高い走力をお持ちだ。

10kmのレースプランをお聞きすると、

「キロ4分15秒から、ビルドアップかな。」
えいさんが言う。

「なおとさんは、スタートからすぐに見えなくなっちゃうんでしょ?」
ちみのすけさんが煽る。

「いやいや。」
と恐縮するなおとさん。

「いけるところまでは付いてきたいですね。」
とJunさん。
えいさん、Petaさん、ちみのすけさんのアラウンドサブ3の3名からは、少し走力が落ちるようだ。
でも、俺よりも断然速い。

「全力さんは?」

ぐっ!!

「44分カットが目標です!キロ4分15秒からビルドダウンです…」

しょぼい。

しょぼすぎるぞ、俺。

キロ4分15秒で、10km完走できる走力を持っていない俺は、現時点での全力で走ることを誓う。


■10kmTTスタート!!

「10kmスタートしまーす!」
係員の合図。

スタートに少しだけ並び遅れてしまった。

「バンッ!!!」
号砲とともにスタート。

既に、俺以外の5名は、10mほど前。

■1km
4分19秒。

まずまずだ。
まだ皆さんの後ろ姿は見える。

流石に皆さん、速い。
結構なペースなのに、その後ろ姿は、非常に軽快だ。

ちみのすけさんは、左右のブレが大きい。
「あの走り方でサブ3なのか…」
もっと速くなりそうなポテンシャルを感じる。


■2km
4分18秒。

俺にとっては速すぎるが、5名の走りを見させていただくため、食らいつく。
向かい風がきつい。

5kmレースを先に走っていたPetaさんは、
「行きは向かい風だけど、帰りは追い風だから、前半我慢ですね。」
と言っていた。
その言葉を信じて、走る。


■3km
4分22秒

■4km
4分23秒

このあたりで、皆さんの後ろ姿が視界から消える。
ビルドアップし始めたようだ。


■5km
4分18秒

視野から消えていた皆さんが、折り返してきて、言葉を交わす。
なおとさん、そして、その後ろ200mほどのところに、ちみのすけさん、Petaさん、えいさん、その少し後ろをJunさん。
少し気合が入り、ペースが戻る。

給水で、2杯手に取り。
1杯は、頭からかぶる。

風には少し冷たさが残ってはいたが、直射日光が厳しく、体感温度は非常に高かった。


■6km
4分26秒

少しずつペースが落ち始める。
5名の後ろ姿が消えてからは、自分との戦い。


■7km
4分27秒

あれ?
未だに向かい風なんですが…


■8km
4分32秒

「Petaさん、まだ向かい風っす!」
河川敷特有の強い風に、ペースはどんどん落ちていく。


■9km
4分29秒

このあたりから、少し追い風に代わり、少しずつスパートをかける。


■10km
4分22秒

応援に来てくれていた、奥方と次女と三女が
「パパ、がんばれー!!」
笑顔で応えて、ここからさらにペースを上げる。


そして、ゴール手前で、既にゴールされた皆さんからの激励。
「最後最後!全力!!がんばれ!」

ハンドルネームを「さん」なしで呼ばれたのか、「全力で行け!」って意味なのか?

そんなことは置いておいて、全力でダッシュ!
「俺、結構、脚残ってるじゃん。」
と、思いながらゴール。

44分4秒。
10kmのPBを53秒更新。
でも、4秒、削っておきたかった。
なんか、「4」ばっかりで、少々気持ちが悪い。


この暑さの中、成長を感じられたレース。
レース前半に、その背中で俺を引っ張って下さり、最後の激励で背中を押して下さった皆様に感謝。


ちなみに、これが2018年2月のよこはま月例10kmのペースと心拍数。
ストライドは、1.2mだった。


そして、今回2018年5月のペースと心拍数。
ストライドは、1.25mだった。


走りに安定感が増していることが分かる。
論文の調査と、インターミッテント走の効果だろう。


■レース後

えいさん、Petaさん、ちみのすけさん、Junさん、なおとさんと集合。

えいさんは、41分37秒だっとのこと。
Junさんは、43分台。
皆さん、5km走った後の10kmだ。

なんにしても、皆さん速い。
後ろからしか見れなかったが、体幹がしっかりしている印象。
ちみのすけさん以外は…

ちみのすけさんは、なんでそんなに速いのか、フォームを見る限りは正直分からないが、速い。
そしてエロいハンサム。


そして、しばしフリートーク。

「全力さん、大阪行くと思ってましたよー。」
Junさんだったかな。Petaさんだったかな。

「行かないっすよ。ネタですネタ。ブログの半分以上はネタですから。」
と、リアルとバーチャルの違いをバラしてしまう俺。

やはり、普段ブログを読んでいるからこそ、初めてお会いした感じがしない。
この感覚って、ブログやってないと味わえないんだろう。
この感覚に、ある種の幸せを感じる。


・・・


みなさんに、恥ずかしがる次女と三女を紹介し、ご挨拶して、また次回のよこはま月例参戦を誓い、その場を立ち去る。

すごい充実感。

走ることに出会い、ブログを始め、レースで成長を感じ、ブロガーと出会う。

普段の生活ではなかなか味わえない特殊な経験だ。


この長いエントリーを最後までお付き合いいただいた、あたな。

そう。
あなたです。

次回のよこはま月例マラソン、一緒に参加しましょう!

※走った後のプチ打ち上げもね。


いつもありがとうございます!応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ