3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

練習の成果を感じたアスリートヨガ道場。

アスリートヨガ道場は、かなり真面目にヨガをやっている。


翌日には、打ち上げで飲み過ぎたお酒による二日酔いの頭痛とともに、全身が程よい筋肉痛になる。


11月以降、ほぼ毎日のようにヨガをするようになった。
f:id:Alloutrun:20191215194136j:plain


ちなみに、ここ4週間の俺のランニングはこちらだ。
f:id:Alloutrun:20191215194150j:plain


もはや走る人ではなく、ヨガをやる人になってきている感が凄まじい。



で、今回、アスリートヨガ道場で、心拍数を測定していたのだが、

ピークポーズに向けて綺麗に心拍数が上昇していき、

最後のシャバーサナで、完全に落ちていることが分かる。
f:id:Alloutrun:20191215194210j:plain


おそらく、この心拍数の動きは、カナ先生の想定していた感じとピッタリだったんじゃないかなって思った。


これたぶん、これまで毎日ヨガやってきて、

キツイポーズはちゃんとキツイ感じで、

ゆるいポーズはちゃんとゆるい感じで、

きちんとヨガできるようになってきたからじゃないかなって思った。



*****



俺は、朝4時半ころに起きて、ヨガをやる。

20分前後だ。

ヨガをやりながら、体の調子を確認し、ストレッチだけにしたりすることもあるし、きつめのアーサナを入れたりもする。



ヨガの基本セットは、こちら。

この基本セットは、今までのアスリートヨガ道場で何回もでてきており、カナ先生にも相談して決めた内容になっているので、興味のある方はぜひトライして頂きたい。


【ストレッチ】
・スカーサナで呼吸法

・ウジャイ呼吸で「俺はできる」「俺は強い」を心の中で繰り返す。

・首のストレッチ

・肩甲骨のストレッチ

・キャット&カウ

・アルダハヌマーンアーサナ

・ねじりのポーズ

・猫ねじりのポーズ

・鳩のポーズ


【単独アーサナ】
・ローランジ

・ハイランジ

・三日月のポーズ

・ガルーダアーサナ

・立木のポーズ


【太陽礼拝からのビンヤサ】
・太陽礼拝×3回くらい

・太陽礼拝からのビンヤサ×2回くらい

 - 戦士のポーズI

 - 戦士のポーズII

 - トリコナーサナ

 - ウッティタパールシュバコナーサナ



全部しっかりやると、30分くらい。

この中から、体の調子を見て、やらない部分もある。



今回のアスリートヨガ道場は、この基本セットが、そのまんまシークエンスになっていた。

一つ一つのアーサナの確認と太陽礼拝の動きの確認、サイドプランクと背筋がプラスされてはいたが、この基本セットがベースだった。


なので、すごくちゃんとできた(気がする)。


カナ先生のインストラクションに耳を傾け、普段のヨガで意識できていなかった点を再確認しながら動きを取れた。


カナ先生のインストラクションは、すごい分かりやすいなって思った。

ヨガをあんまりやったことがない方もいらっしゃるが、ほとんどの方が、しっかりポーズを取れていたから。
f:id:Alloutrun:20191215193135j:plain



水戸黄門のまっさんは、11月に17時間もヨガをやったらしく、流石に上手だった。

まっさんは、面白いキャラではあるが、ランにしてもヨガにしても、すげー真面目に取り組んでいる。

さすがである。



初参戦のまなパパは、カナ先生のお尻の近さに緊張して、しっかりヨガをできていなかったように思えた。
f:id:Alloutrun:20191215193101j:plain


このとき、

「プリプリのお尻、見ないでね!」

「お尻みたやろっ!!」

とか言いながら、カナ先生はかなり興奮気味だった。

カナ先生は、プリプリのお尻をもっと見て欲しいんだな、思った。



*****



カナ先生は、レッスン序盤の呼吸法のときは、すごく優しい声で語りかける。

「背骨を一骨一骨積み上げるように。。。」

「ご自身の自然な呼吸を感じて。。。」


まさに聖母マリアだ。



ストレッチを行い、サイドプランクや背筋をやるころになると、カナ先生は徐々にエンジンがかかってくる。

「ほら!もっとできる!!」

「最後、思いっきり高く上げて!!」

声が、とにかくデカい。


場末のスナックのママの感じがしてくる。



終盤のピークポーズの頃には、カナ先生は、トランス状態に入っている。

「みんな、めっちゃきれい!!」

「最高やん!!」

「ほらーー!!笑顔ぉぉぉ!!!!」


完全に相撲部屋の若女将だ。



ヨガ初心者から、ヨガをそこそこしっかりやっている人まで、幅広いレベルの参加者が集まるアスリートヨガ道場。

それでも、みんながヨガを楽しめるレッスンをできるカナ先生は、まじですげーって思った。


この人は、走るのが速いだけじゃないなって。

「魔性の女」

と称されるのも、なんとなく分かった気がする。



聖母マリア。

場末のスナックのママ。

相撲部屋の若女将。

魔性の女。


サブ3.5を目指すランナー。

ヨガのインストラクター。

高校生と中学生の子どもを持つお母さん。



様々な顔を持つカナ先生のヨガ、まじで楽しいなって思った。



そんな楽しいヨガをもっと楽しめるように、日々のヨガはこれからも継続したいと思う。


次のアスリートヨガ道場も、ものすごく楽しみだ。
f:id:Alloutrun:20191215194258p:plain



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

/* 画像拡大無効 */