3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

【その7】マラソンあるある50連発【市民ランナー暑い季節のランニング編】

6月もそろそろ終わりに近づき、気温が上がってきた今日この頃。

晴れた日の昼間にランニングをすると、その暑さに走り始める前の目標通りに走れなくなることもしばしば。

そして、練習での安定のDNFを繰り返すランナーもちらほら。

ということで、今日は、「暑い季節のランニングあるある」を考えてみた。
f:id:Alloutrun:20180620214005j:plain


今回は、マラソンあるある50連発【市民ランナー暑い季節のランニング編】だ

その1.暑い季節の通勤電車は、汗かいたオッサンが多いから嫌いだ
その2.と若い頃思っていたが、自分もその「汗かいたオッサン」のカテゴリに入っていることに気付く
その3.が、「俺、ランナーだし、太ってないからまだましか」と自分を慰める
その4.走るようになってから、汗を掻きやすくなった気がする
その5.それだけが、少し気になる
その6.定時で仕事を切り上げて、走るつもりで帰路につく
その7.定時あがりだと、汗かいたオッサンとの接触率が高くて萎える
その8.自分もそのカテゴリだと改めて認識して、さらに萎える
その9.家に着いて、走る準備をするも、全然涼しくなってなくて、さらに萎える
その10.10kmは走りたいと思い走り始める
その11.しかし、暑さが尋常ではなく、5kmで脚を止める
その12.ドリンクを持っていかなったことを後悔
その13.夜じゃなくて、朝走るようにした方が良さそうだなと思う
その14.よし。明日からは朝ランだ
その15.目覚ましを1時間早くセットして、眠りにつく
その16.翌朝、予期せぬ時間に目覚ましが鳴り、ビビる。自分でセットしたのに
その17.「やっぱ無理」とスヌーズを繰り返す
その18.「昨日走ったしな」と朝ランを決め込んだ初日からDNS
その19.その夜、1時間早くセットしていた目覚ましを30分遅らせてセットする
その20.「明日は絶対に朝ランしよう」と、ランTとランパンで眠りにつく
その21.翌朝、日の出とともに起きて、自分がランパン履いてることにビビる
その22.「あ、そうだった」と顔を洗って、水分補給して走り出す
その23.早朝は、夜よりも涼しいと知る
その24.無理せず5kmほど走る
その25.車が少なく、涼しいし、朝ラン最高!
その26.翌日からも朝ランにしようと心に決める
その27.その日の仕事中、あまりの眠さに会議中に眠る
その28.昼休みにも眠る
その29.翌日も朝ランするために21時半に就寝
その30.やっぱりランTとランパンで眠りにつく
その31.翌朝も走る
その32.やっぱり朝ランは最高に気持ちがいい
その33.そして、会議中に眠る
その34.やはり、昼休みにも眠る
その35.21時半に眠たくなる
その36.「お父さん、もう寝るの?」と学校の宿題をやっている子どもから痛い指摘
その38.でも寝る
その39.ふとしたことで「暑熱順化」という言葉を知る
その40.どうやら、暑いときに走ることも効果があることを知る
その41.暑熱順化のために、休みの日は昼間に走る
その42.が、激アツでDNF
その43.やっぱ、朝ランだなと思う
その44.平日は朝ランを続ける
その45.週末は、仕方なく暑熱順化のための昼ラン
その46.あれ?暑熱順化すると発汗感受性が高まり汗を掻きやすくなるらしいぞ
その47.これか。俺が汗を掻きやすくなった原因は
その48.翌日の通勤電車で、汗かいたオッサンと接触して、気分を害する
その49.そんな俺も汗かいてる。そして、隣のOLにあからさまに嫌な顔をされる
その50.暑熱順化、やめよっかな


その51.ついつい押しちゃう
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ