3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

「聖母マリア永遠の28歳」の設定について。

「伊代はまだ16だから」

松本伊代さんは、この歌詞のイメージから、

「永遠の16歳」

と称されることがある。



「吾輩は、10万24歳である」

「『小暮』は、世を忍ぶ仮の姿である」

と、デーモン小暮閣下は、かつてテレフォンショッキングに出演した際に話していた。

「永遠の約10万歳」

俺たちが生きている間は、こう言っても過言ではないだろう。




「聖母マリア、永遠の28歳で~す」


いつぞやの練習会にて、カナ先生は、このように自己紹介した。

ブログ内でも、自ら「マリア28歳」と称している。
kanayoga.hatenadiary.com



※最近、カナ先生は誕生日だったようで、今後29歳にするか、28歳のままでいけば良いのか、悩んでいらっしゃった。



一方、飲み会では、

「この設定が、苦しい」

と、ごちていたようだ



カナ先生が、

「聖母マリア」

を多用し始めたのは、俺の書いたこちらのエントリーがキッカケとなっているらしい。
www.all-out-running.com



また、

「28歳」

と言い始めたのは、俺の書いたこちらのエントリーがキッカケとなっているようだ。
www.all-out-running.com



自分で書いておいて、何だが、

客観的に見て、

「聖母マリア 永遠の28歳」

という設定には、少々無理があるかもしれない。



俺が、そう感じたのは、先日の三浦半島侵攻作戦の打ち上げ会場だ。


ぬまっちさんの乾杯の挨拶の後、みんなで乾杯。


その時、カナ先生は、

「はーい!マリアだよ!マリアと乾杯したい人~!」
f:id:Alloutrun:20191003220558j:plain


と、少々空回りしているように見えた。


だが、その空回り後は、すべてのテーブルにお酒を注ぎに回る、気の利きよう。
f:id:Alloutrun:20191003220622j:plain


そして、笑顔。
f:id:Alloutrun:20191003220644j:plain


笑顔。
f:id:Alloutrun:20191003220703j:plain


「豪快」な笑顔。
f:id:Alloutrun:20191003220719j:plain


この感じ、やはり、「聖母マリア」っていうより、「(若)女将」じゃないだろうか。
www.all-out-running.com



ちなみに、フジヤマさんは、カナ先生について、

「場末のスナックのママっぽいですよね。」

と言っていたようだ。


カナ先生みたいなキャラの女性が、場末のスナックにいそうだという意味なのか、

「マリア」という源氏名の女性が、場末のスナックにいそうだという意味なのか、

あるいは、その両方の意味なのか、

その真意は不明だ。



なお、色黒でツヤツヤしているDEGさんは、カナ先生のことを、

「小僧っぽいよね。」

と言っていたという。
f:id:Alloutrun:20191003220740j:plain


カナ先生、散々な言われようっすね。笑




俺が、カナ先生と最初にお会いしたのは、2018年7月のリレーマラソンだ。

そこで、カナ先生は、リレマラのためのヨガをやって下さった。


「呼吸~。。。」

「背骨の一コツ一コツを積み上げるように。。。」

「今は、ぜ~んぶ手放して。。。」
f:id:Alloutrun:20191003220800j:plain



この頃のカナ先生は、「聖母マリア感」の絶頂期だった。

セクシーなヨガのウェアを着て、優しい言葉でレッスンして下さった。



だが、ここ最近は、

「(若)女将」

「場末のスナックのママ」

そして、

「小僧」



28歳という設定は、少々厳しいかもしれない。

だから、この際、忘れてしまおう。



でも、忘れないで欲しい。



あの頃のセクシーさは。

そして、「聖母マリア感」は。
f:id:Alloutrun:20191003220832j:plain



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

/* 画像拡大無効 */