3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

弟との喧嘩でいつも怒られていた俺(長男)の仕返し。

俺には、4つ下の弟がいる。

俺が長男。2人兄弟だ。



子どもの頃、俺は小中高と電車通学だったので、近所に友達がいなかった。

遊ぶときは、いつも弟の友達たちと。

遊ぶとなると、弟が一緒。



いつも一緒にいるので、喧嘩することも多かった。

喧嘩の原因は、思い出せないほど些細なこと。

弟が原因のこともあったし、俺が原因なこともあった。



でも、喧嘩した時、怒られるのは必ず俺だった。

「お前は、長男なんだから、弟がしたことも全部お前が責任を取らなきゃいけないんだぞ。」

昔気質のうちの父親の言葉だ。



父親は、3人兄弟(父/長女/次男)の長男だ。

兄弟喧嘩をすると、俺の父親のお父さん(俺のおじいちゃん)に、怒られるのは必ず長男である父親で、大きな右の手のひらで引っ叩かれた。

そして、すげー吹っ飛んでた。

という話をもう何100回も聞かされたことがある。


そのおじいちゃんの教えを忠実に受け付いだ父親は、兄弟喧嘩となれば、必ず俺を叱っていた。


子どもながらに、理不尽さを感じていた。



怒られて泣いていると、母親は、そんな状況を見て、

「悪いのが弟だったとしても、あなたにも少しは原因がないか、考えてごらん。」とか。

「今回は、あなたは全く悪くないね。でもお父さんは、あんなんだから。。。後で弟を叱っておくからね。」とか。

声を掛けてくれて、俺の気持ちの平静は保たれていた。



だが、「弟が悪いのに、どうしていつも俺ばっかり。。。」みたいな気持ちは、常に持っていた。



そんな俺は、裏でこそこそ、弟に仕返しをしていた。


うちの家は、あまり広くなかったため、弟と俺は「子ども部屋」で1つの部屋。

子ども部屋には、机が2つ、そして二段ベッド。

小学生の頃からずっと野球を続けていた弟は、いつも疲れていて、俺よりも早く寝ていた。


俺は机で勉強。

弟は二段ベッドで就寝。

そんなタイミングが来るたびに、俺は少しワクワクしていた。


お腹がグルグルしてくると、俺はおもむろに卒業証書の筒を取り出す。

こんなやつね。↓
f:id:Alloutrun:20181027101248p:plain:w200


この筒の蓋を取って、そこに思いっきり臭い屁をこく。

そして、蓋をしめて、時を待つ。

弟が、最高に気持ちよく熟睡しきっているタイミングを、ひたすら待つ。


そのときの気分の高揚と言ったら、言葉に表せないほどだ。

もちろん、勉強どころの騒ぎではない。


「よし、今だ。」

筒の蓋を開け、弟の鼻の近くに持っていく。

筒から顔を背けている俺でも分かる、その臭さ。


だが、弟は微動だにしない。


「なぜだ?」

こんなに臭いのに。


ふと、弟は「うーん。。。」とか言いながら、寝返りを打つ。

あぶねぇ。。。


このとき、弟を起こしたいのか、起こしたくないのか、そのあたりは良く分からないが、とにかく、すごい緊張感だった。



夏場になると、「蚊」を装った仕返しもしていた。


弟の寝床に落ちている、少し硬めのほどよい長さの髪の毛を探す。

ちなみに弟は、俺よりも剛毛だ。

そして、おでこも狭い。

高校生の時、あだ名が「デコセマ」になって、真剣におでこの髪の毛を剃るかどうか悩んでいた。


ほどよい髪の毛が見つかると、俺は「蚊」になりきる。

鼻にかけた声で、

「ん~~~。。。」

と耳元に「蚊」が飛んできたかのような音を模擬する。


そして、耳の穴に髪の毛を突っ込む。

弟は、本当の蚊だと信じて、「ん、ん、、」とか言いながら、耳元を手で払う。


弟を完全に起こしてしまって、俺のイタズラだとバレてしまっては、俺の負けが決まる。

起きるか起きないかの際どいラインでの攻防戦だ。


耳の穴だけでは、飽き足らず、「ん~~~。。。」と「蚊」を演じながら、今度は鼻の穴を攻める。


「すっ、すっー」鼻息を少し強めにして、鼻の穴をかゆがる弟。

まさにギリギリの攻防だ。


「どうだ。昼間、お前が悪いことしたのに、俺が怒られた仕返しだぞ。」

ぞんぶんに俺の仕返しを受けるがいい!


そんな絶好のタイミングに、お腹がグルグルしてきた。

いつでも取り出せるように、机の横にセットした卒業証書の筒を取り出す。

蓋を開けるときに、勢いよく開けると「ぽんっ!」と鳴ってしまうので、慎重に開けなければならない。

そして、史上最強に臭い屁を筒に充満させる。


悪いのは、お前だからなっ!

そう思いながら、勢いよく、弟の鼻の近くに筒を放つ。


「く、くせっ!!」

「なんだよー、やめろよー!」


や、やばい。

起こしてしまった。

でも、超おもしれー!!


「お父さーん。お兄ちゃんがオナラかがせて、寝るの邪魔してくるんだけど!」

俺は、弟の口を押えようとする。

やめろやめろ!と思いながら、「しーっ!」のポーズをする。

でも、父親にバレる。


「こらっ!お前は~。ちょっとこいっ!!」

そして、結局また、俺は怒られるのだ。




うちの一家が集まると、こんなエピソードを酒の肴にして楽しく飲んでいる。

このエピソードも何100回も登場している。


家族で集まり、たわいもない話で盛り上がる。

そんな仲良しなうちの家族、俺は大好きだ。



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ