3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

年賀状出すのやめるやめないの攻防戦。

年末の仕事納めの12月28日。

仕事は一応納まったものの、年越し前の大きなプライベートな仕事が一つ残っている。

毎年のことだ。


どんな写真を使うか。

どんなデザインにするか。

誰に出すか。

毎年、年末に苦労する。


年賀状。


12月28日は、同期との忘年会により、終電で帰宅し、翌朝から年賀状の作成に取り掛かる。

この時点で、元旦に年賀状が届くことは諦めている。


いくつかの候補の写真を選び、デザインを考え、年賀状の印刷に取り掛かれたのが、16時頃だった。

最終的なデザインは、こちら。


毎年毎年、クオリティは下がっていく一方だ。



正直、年賀状制度、やめて欲しい。

友達は、LINEで「あけおめ!」くらいで良いよ、思う。


『LINEで「あけおめ!」』でいいんじゃないか?って思い始めてから、毎年、年賀状を出すのをやめるチャレンジをするようになった。


年賀状だけの関係になっている友人に(いや、もはや友人なのかすら不明だ)対して、年賀状を出すのをやめてみてるのだ。



この「年賀状出さないチャレンジ」をする条件は、

・ここ数年、年賀状以外でのやり取りがない

・1年前の年賀状が印刷のみで、コメントの加筆がない

・1年前の年賀状到着が1月4日以降

の3つのアンド条件。



1年前は、この条件に合致した3名に対して、「年賀状を出さないチャレンジ」をしたところ、うち2名からも年賀状が来なかった。


3名中2名がチャレンジ成功したのだ。


ある意味、その2名と俺との息がぴったりで、年賀状を今後出さないことが惜しまれた。笑



俺が今回出した年賀状の枚数は、25枚だった。

年賀状を投函できたのは、12月29日の夜だった。



今回「年賀状を出さないチャレンジ」をしたのは、2名。

うち1名は、1年前、俺がチャレンジしたものの、1月8日にその方から年賀状が届くという、意味不明な状態だった1名だ。



1月2日。

旅行先から自宅に帰ってきて、年賀状をチェックする。


元旦に年賀状が届いた人は、来年も年賀状を継続する。


1月3日。

この日までに届かない人は、来年以降、チャレンジをする候補になる。



今回チャレンジした2名からは、、、


しっかり届いていた。


チャレンジ、失敗。


なお、25枚出したものの、3名から来ていなかった。

この3名は、チャレンジ候補だったものの、首の皮1枚で、出すことになった3名だった。


今年は、完全に失敗した。。。


喪失感と絶望感。



この毎年の攻防戦、そろそろやめたい。


だから、次回はこうすることにする。


12月の初めころに

「今年は年賀状やめましょう」って、LINEする。


我ながら、グッドアイデア。



と、思ったけど、チャレンジ候補の人たち、LINEのIDすら知らないじゃねーか!!


しばらくこの攻防戦は続きそうだ。。。



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ