3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

横浜マラソン2018の結果を振り返る。

横浜マラソン2018の結果は、ネットで3時間37分39秒

グロスでは、3時間54分台。

順位は、2800番台/24651人中。


残念ながら目標としていたサブ3.5は達成できなかったが、PBを7分ほど更新した。


レース後、しばらくは目標を達成できなかった悔しさで打ちひしがれていた。


が、よくよく色々なデータを見てみると、

「俺、結構頑張ったんじゃないか?」

「俺、走力が付いてきたんじゃないか?」

と感じて、少しずつ元気を取り戻しつつある。


結構頑張ったんじゃないか?

横浜マラソンの公式の発表(速報)によると、

フルマラソンは、出走者26,778人に対して、完走者24,650人。

完走率は92%。

「横浜マラソン 2018」開催結果(速報)



俺の総合順位は、2800番台/24651人中。

上位、約11.6%でゴールできたようだ。


グロスで3時間54分台なので、グロスでサブ4だ。

以前調査したが、全ランナーのサブ4達成の割合は、約25%だ。
www.all-out-running.com



グロスでの総合順位とは言え、3時間54分台より速く走れた人の割合が11.6%しかいないのは、以前の調査結果と比較して、横浜マラソン2018は、タイムが出しにくかった大会だったと言えそうだ。


理由の一つは、上記の「横浜マラソン 2018」開催結果(速報)内に記載があるが、当日の気温だと思われる。

スタート8:30時点での気温、19.1度。

9:40時点での気温、25.1度。

とのこと。

25.1度は、暑すぎる。



そんなタイムが出しにくい中、Fブロックスタートだった俺の順位推移を確認すると以下の通りだ。


スタート時点:15800番台

5km:13100番台

10km:10400番台

15km:8500番台

20km:6700番台

25km:5500番台

30km:4300番台

35km:3400番台

40km:2900番台

ゴール:2800番台


ゴールするまで、順位を上げ続けている。

実に、13000人のランナーを3時間37分39秒かけて、抜いていた。

これは、1分間に約60人、1秒間に約1人のランナーを抜いていたことになる。



暑くて、みんな思い通りの走りができない中、頑張ったんじゃないのか?

って思った。


走力が付いてきたんじゃないか?

今回の横浜マラソンは、俺にとって3回目のフルマラソンだった。


■湘南国際マラソン2017(2017年12月3日)

 4時間4分16秒


■2018板橋Cityマラソン(2018年3月18日)

 3時間44分36秒


■横浜マラソン2018(2018年10月28日)

 3時間37分39秒



2018板橋Cityマラソン(2018年3月18日)のラップは以下の通り。
f:id:Alloutrun:20181101203721j:plain


横浜マラソン2018(2018年10月28日)のラップはこちら。
f:id:Alloutrun:20181029183924j:plain


25km時点での通過タイムは、1分程度板橋の時の方が早かったようだ。

だが、横浜では、25km以降のタイムの落ち込みが小さく、後半に粘れる脚ができていることが分かる。


板橋と横浜のラップを比較してみて、

俺、走力が付いてきたんじゃないか?と思った。


どの練習が走力向上に繋がったのか、良く分からないが、板橋以降、自分がやってきたとこは、

・春から夏にかけてのインターバル走、インターミッテント走ウィンゲートインターバル走などのスピード練習
 ※怪我には注意しながら取り入れた方が良い

・7月以降のヨガランナータッチを中心とした体幹トレーニング

・9月以降涼しくなってきてからの疲労抜きジョグ

・9月以降、週1で閾値走

という感じだ。




で、結局何が言いたいかと言うと、ガッカリしてばかりもいられないし、なんか元気も出てきたし、


このままきっちり成長して、俺は次の湘南で有無を言わさず、サブ3.5を達成するってことです。


さ、走ってくるよ。


いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ