3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

ランナーは恥ずかしがり屋な説。アスリートヨガ道場打ち上げでの一幕。

先日の「第3回アスリートヨガ道場」の後の打ち上げでのことだ。

金曜日の夜ということもあり、サラリーマンで溢れかえるラゾーナ川崎内のおしゃれなお店で打ち上げをした、参加メンバー11名。


まさかずさんとワタナベ隊長一家は、残念ながら打ち上げは不参加。

また次回、一緒に飲めるといいな。


なぜか、毎回のように打ち上げだけには参加してくるpetaさんが加わり、ヨガ道場の打ち上げがスタートする。

petaちんは、ここ最近、サブ3に向けて、猛烈に走っている。

打ち上げ会場に現れたpetaちんは、非常に痩せていた。

てか、痩せコケていた。

サブ3を意識するあまりに、少し精神をやられているんではないだろうか、と心配してしまうほどにコケていた。



で、打ち上げの席次表は、こんな感じに。
f:id:Alloutrun:20180922185047j:plain


右側のテーブルは、オッサンの扱いに慣れている「たえちゃん」を中心にオッサンどもが盛り上がる。

たえちゃんを笑わせるためにオッサンどもが努力するテーブル。

ありがちな展開。


そんな中、独自の雰囲気とトークをくりだす男一人。

そう、フジヤマだ。

マラソンブロガーでもないのに、マラソンブログについて、とうとうと語り始めたのだ。



「マラソンのブログ村に対して、読者が求めているものは、『ジャンプ』なんですよ。」

一同、「・・・・」。


「え?どういうこと?」


「分かりませんか?『少年ジャンプ』ですよ。」

「どんどん成長して、強い敵を倒していくような。そんな『ジャンプ』的な展開に期待してるんですよ。」

ほほぉ。

ジャンプの漫画すべてが、強い敵を倒していく流れではないから、全面的に同意はできないが、、、

一理あるかもしれない。


以前の飲み会で、かんくろーさんにもそんな感じの事を言われた気がする。

「論文のブログなんか書いてても、ファンなんかできないですよ。」

「全力さんが、全力の練習をして、目標のタイムをクリアする。そんな展開をブログにした方がファンが増えますよ。」


お、お、おう。


ファンを増やすためにブログを書いているつもりは、あまりないが、やはりブログ読者は『ジャンプ』的な展開を求めているのかもしれない。


更にフジヤマは続ける。

「ブログ村は、ドラクエで言うと、、、」

こちらのテーブルは、「またドラクエかよ」的な空気が一気に立ち込めたが、まぁ聞こうじゃないか。

「ブログ村は、ドラクエで言うと、『ルイーダの酒場』なんですよ。」

「声を掛けて、パーティに入れて、スライムとか敵を倒してどんどん強くなって、最後にボスに勝利する。」


むむぅ。

なんなら、今日のヨガ道場も、ルイーダの酒場から集まったパーティで修業を積んだってことなのだろうか。


結論は出ないまま、フジヤマは、ビールorビール、アンドハイボールで、どんどん饒舌化していった。



もう一つのテーブルは、カナ先生を中心にオッサンどもが盛り上がる展開だったようだ。

ヨガ道場の打ち上げの席が、カナ先生と記念写真を撮る会と化していた。

まずは、キクチヒロシ。

そして、オークさん。

フジヤマ。


なにやら、みんなハートを作ってる。

みんな、はにかんだ笑顔を見せながら、恥ずかしそうにカナ先生とのツーショット。


さらに全力中年。


ハートなし。。。


そして、なぜだか、キクチヒロシとのツーショット。


こちらは、ハートあり。


俺は思った。

「ランナーは、みんな真面目な人が多いんだな。酒が入っているのに、女子との絡み方がぎこちないしなぁ。」

俺ももっと女子との絡み方を覚える必要があるのかもしれない。

そんなことを独り考えていた。



が、こいつらは違った。

打ち上げから参加のpetaちん

および、

イケメンサブ3ランナーのちみのすけ


petaちんは、変顔でツーショット。


サブ3目指すストレスで精神的に病んでるかと、少しでも心配した俺がバカだった。。。


ちみのすけは、長期間の勉強のウップンを晴らすべく、たえちゃんとの爽快ツーショット×2枚。


くっそ。
爽やかすぎるだろっ。


そして、極めつけは、たえちゃん+petaちん+ちみのすけのスリーショット。


俺は思ったよ。

「ランナーは恥ずかしがり屋な説は、完全な都市伝説だった。」と。


いつもありがとうございます!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ