3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

マラソンでの補給食の携帯方法。ソフトフラスク、最高。

ハーフマラソン、フルマラソンを走るとなると、補給食を持たずに走るのは命取りにもなりかねない。

ShotzやMag-onなどの小さいのにそこそこのカロリーを摂取できるジェルを持って走る方も多いのではないだろうか。

こんなやつ(Mag-on)。


非常に小さく、携帯性が高い。

この小ささで、120kcalもある。

マルチデキストリンという、複数の炭水化物からなる糖質なので、体への吸収効率も高く、マラソンのときの補給としては非常に良いと思う。


だが、この手のジェル、一つ難点がある。


「飲みにくい」


飲み口を切って、飲むのだが、走りながら切る&飲むので、上手に飲めず、

・手がネチャネチャになる

・ネチャネチャになった入れ物をどうすれば良いのか、分からなくなる

という課題が発生するのだ。


この課題に何度もぶち当たり、何とかならないかと思っていたところ、非常に良いギアを見つけた。


ソフトフラスクだ。


飲み口を歯で噛みながら飲むことで、中身を飲める。

中に水などを入れておいても、飲み口を噛んだりしない限り、ほぼ漏れる心配はない。


先日の横浜マラソンとその前の週のよこはま月例マラソン20kmで実際に使ってみた。


実際に購入したものは、Salomonの150mlサイズのソフトフラスク



この中にMag-onの梅味(俺は大好きな味)を3個入れる。


水で少し薄めて、蓋を締める。

飲み口からちゅーちゅーして、少し空気を抜く。

これで完成。


走るときは、ランパンのシッパー付きのポケットにしまっていた。


いつでも好きな時に、好きな量を補給でき、ネチャネチャにならずに、ゴミの心配もなくなる。


少々高価ではあるが、補給の時のイライラで、実力を出し切れないのはもったいない。


今回の横浜マラソン、目標のタイムはクリアできなかったが、補給の面ではストレスなく走れたと思う。


ちなみに、サロモンのソフトフラスクは、こんな感じで分解可能なので、お掃除も問題ない。


補給食の携帯方法で、悩んでいる、そこのあなた!!

そう。

あなたです。


ソフトフラスク、まじでおススメです!



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ