3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

よこすかシーサイドマラソンでベスト更新したぞ。

2018年11月25日、日曜日。

俺の愛する街、横須賀でハーフマラソンの大会が開催された。
www.yokosuka-seaside.jp


現在も職場は、横須賀市。

入社してから2年間、横須賀中央で一人暮らしをし、結婚後5年間は馬堀海岸に住んでいた。

よこすかシーサイドマラソンのコースは、馴染みのコースだ。


そんな、俺の愛する横須賀の地に、はてなブログのランナー3人(はてブロ三羽カモメ)が降り立った。


かわいいよこすかシーサイドマラソンのカモメTシャツを着て。

※え?
※この絵、カモメで良いんですよね?
※まさかペンギンじゃないですよね?


birdさんに至っては、ドナルドダックの被り物を身にまとって降り立った。

レース前

三笠公園に保存されている、大日本帝国海軍の戦艦「三笠」。


と、横須賀の海に浮かぶ猿島と綺麗な朝日。


ワクワクするぜ。


俺の目標タイムは、

1時間37分30秒
www.all-out-running.com


6年前の記録、1時間36分43秒には及ばないものの、1年前からしっかり走り始めてからの記録、1時間42分56秒を上回るタイムだ。

この目標タイムで走り切り、翌週の湘南国際マラソンに弾みを付けることが、今日の目的。



三笠公園横の体育館が手荷物預かり所で、スタート位置までは10分程度歩く。

カナ先生は、10kmレースに参戦。

birdさんと俺は、ハーフのレースに参戦。


スタート前、birdさんとDブロックの最終ラインに整列する。

俺は、キロ4分30秒で巡行予定。

birdさんは、キロ4分45秒で巡行予定。

握手でお互いの健闘を祈り、スタートの号砲。

1km~5km

Dブロックからスタートし、スタートロスは、たったの21秒。

500mほど進むと渋滞はほぼ緩和された。

渋滞でのロスの想定は20秒。

ほぼ予定通りだった。


スタートから2kmほどで折り返す。

スタート位置まで戻って、ここから観音崎大橋を目指す。

8km過ぎから始まる起伏をどのように乗り切るかがポイントのコースだ。


序盤はフラットで、混雑もなく目標通りのペースを刻む。


4:52 - 4:26 - 4:30 - 4:27 - 4:25

5km~10km

馬堀海岸の気持ちが良いストレートを過ぎると、上り坂が始まる。

少しペースが落ちるが、想定よりも速く走れた。

坂を上り切ったところから見える走水付近の海は、最高の景色。

坦々とペースを刻む。



4:29 - 4:27 - 4:27 - 4:36 - 4:32

10km~15km

上り坂の後は下り坂。

下り坂の後は上り坂。

11km過ぎの観音崎海水浴場から始まりトンネルまで続く上り坂は、中盤の難所だ。

ここで何人かに抜かされたが、下り坂で抜き返す。


観音崎大橋で折り返し、向こうからやってきたドナルドバードさんと声援を送り合う。


そして、13km過ぎから最後の上り坂。

まじでキッツイ勾配。

ここで最遅のラップ4:54を叩き出し、心が折れる。


ここでメイタン+マグオンのスペシャル補給ドリンクを投入。

復活し始める。


4:33 - 4:35 - 4:24 - 4:54 - 4:36

15km~ゴール

最後の上り坂を終えて、そこからペースを上げ始める。

馬堀海岸の途中から、10kmレースのランナーと合流し、人口密度が上がって、少し走りづらくなった。

ハーフ組は、キロ4分30秒ペース。

10kmレース組は、キロ5分ちょいペース。

すり抜けながら、前にいるであろう、カナ先生を探しながら走る。


すると、前方50mほどにプリプリのお尻カナ先生を発見!!

俄然ペースが上がる。

ここで、最速のラップキロ4分15秒を記録。

お尻パワー、すごいぜ。

「ほら、もう抜かしちゃったぞ!がんばれっ!」

と声を掛け、更に前を目指す。


カナ先生を抜かして、プリプリのお尻目標を見失い、少しペースが落ちたが、

「あれ?このままいけば、34歳当時の俺の記録を抜かせるんじゃないか?」

と思い、最後の200mは全力のダッシュ!!

キロ3分40秒ペースまで上げて、ゴール!!


グロス 1時間36分0秒

ネット 1時間35分39秒


34歳当時の俺を越える、40歳でのハーフベスト更新。
www.all-out-running.com


4:43 - 4:24 - 4:23 - 4:15 - 4:28 - 4:27 - 0:45


詳細のデータ

いつものガーミンのデータ。


ペースグラフ。

上り坂でのペースの落ち込み具合が分かる。


高低差。

4回の上り坂は、結構きつい。


心拍数。

水分補給もしっかりしたが、しっかりドリフトしている。

ギリギリを攻められたと思う。


ペース詳細。

最後に

俺の愛する街、横須賀。

その横須賀で、ハーフのベストを更新できた。


小規模のレースで、混雑が少なく、沿道からの応援は少ないものの、地元の方々の温かい声援が嬉しかった。

給水では、学生さんが手渡しで水やポカリを渡してくれる気配り。

手荷物預かり所も混雑がなく、帰りの電車も全然混んでない。

打ち上げができる飲食店も多い。


高低差が大きいので、タイムを狙いに行くことには向かないと思うが、俺、こんな感じの大会、大好きだ。

来年も出ようかな。



来週の湘南国際マラソンに向けて、良い刺激を入れられたぞ。

1年前、これからしっかり走ると決意させてくれた大会、湘南国際マラソン。

そのときのタイムは、4時間4分。

その湘南で、成長した自分をしっかり見せてくるんだ。


サブ3.5取ってくるぞ。



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ