3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

親父の会のスポレク打ち合わせと、横浜市における親父の会の設置状況。

俺は、娘たちが通う小学校の有志ボランティア団体の「親父の会」に所属している。

このブログの中でも時折紹介させていただいている。

ランニングサークル、バンドサークル、草野球、慰労会など、今まで紹介させて頂いた内容は、ほぼほぼ遊んでいる話だった。

その親父の会で、今年度、重職に就かせていただいた俺。
www.all-out-running.com




この週末、近々親父の会主催で実施するイベントの打ち合わせに参加した。

本日は、親父の会で遊んでばかりではないと言うところをしっかり書き記しておきたいと思う。

■親父の会主催のスポレク打ち合わせ

18時。

午前中に行われた親父の会の草野球公式戦でピッチャーとして参戦した俺は、体中の痛みを感じながら、親父の会のイベントの打ち合わせ会場である町内会館に向かっていた。

2回を投げて、8フォアボール。6失点。
ヒットは1本しか打たれていないという事実。
そして、球審からの返球の方が俺の投げる球よりも速いという衝撃的な事実。

最悪の結果だ。
もちろん敗退。

体中の痛み、そして8フォアボールの不甲斐なさと、フォアボールを出し過ぎた際の他のナインからの冷たい視線により、心の痛みも感じながら、俺は会場へ。


会場では、既に
「筋肉マッチョのマイクマン」と「コロコロのミート君」が 宴会の 打ち合わせの準備をしていた。

草野球でキャッチャーをやっていた「コロコロのミート君」は、既に筋肉痛が来たと、自分がまだ若いという無駄なアピールをしている。

しばし、世間話に華を咲かせる。

そして、続々とそれぞれの週末の用事を済ませた親父たちが集まる。



買い出しを率先して行い、車を置いてからやってきた「超絶良い人バンドマン」。

土曜日でもほぼ毎週仕事をしている、局長の「永遠の悪ガキ下町ロケット親父」。

子供の野球チームの練習に付き添った後にやってきた「近眼鏡の邪悪な和尚」。

草野球→子供の野球チーム付き添いの「シュールな笑いを誘う参謀」。

仕事後に遅れて登場した「元ヤンキー的な料理人」。

特に何も用事がなく暇だった「老眼鏡をかける和尚」。



5月に開催する、子供たちと親とでスポーツを楽しむイベント「スポレク」の打ち合わせが始まる。

在庫確認と、当日までの買い出しの項目の洗い出しから始まる。

スポレクの昨年の参加人数は、子供およそ100人、関係者80人。

親父は、当日の進行、カレーの作成、その他すべての運営を行う。

予算は25,000円。

必要な備品は、たわし、洗剤、チーム判別用のテープから、カレーの食材まで多岐にわたる。


昨年のリーダーだった「老眼鏡をかける和尚」と今年度のリーダーの「近眼鏡の邪悪な和尚」が当日の進行の綿密な確認を行う。
どっちがどっちだか分からん。



1時間強の真面目な打ち合わせ。
普段の仕事っぷりも若干垣間見える瞬間。
普段遊んでいるときには見えない真面目な表情。

その真面目な親父たちに、何とも言えないシュールさがこみ上げ、ニヤニヤしてしまう俺。
俺も邪悪な一面があるようだ。



打ち合わせが終わると、宴会が始まる。

今年度のリーダーの「近眼鏡の邪悪な和尚」の乾杯から始まる宴会。

「筋肉マッチョのマイクマン」は、ひき肉を使ったセレブな焼きそばを作って、その営業力と筋肉をアピールしている。

子供の話、野球の話、ランの話、バンド&歌の話、夏休みに富士山に登ろう的な話、たまに仕事の話も。
毎回のことだが、すごく楽しい。


「永遠の悪ガキ下町ロケット親父」は、俺たちが楽しんでいる姿を見て、微笑ましく思っているのか、笑みを浮かべながら、あまり会話に参加してこなくなる。


どうやら、眠たかっただけのようだ。
見慣れた光景。



遅れてきた「元ヤンキー的な料理人」は、ドラゴン柄の半袖Tシャツで登場。
酒が入っていないのに、一人既に熱い。

カレー作成の買い出しと当日のカレー作成メンバーのマネジメントを任された「元ヤンキー的な料理人」は、「カレー」について、1時間近く語る。

料理人だから、持論があるのだろう。

シチューもルーだ。カレーの香りはクミンだ。
などと言っているが、正直1時間も説教的なカレーの話を聞くのは俺も疲れる。

まぁ可愛い奴だよ。



18時から始まった打ち合わせ的な宴会は22時半まで続いた。

誰かが「終わろう」と言わなければ、楽しすぎて終われないエンドレスな宴会。

酔っぱらいながらもしっかりとお借りした町内会館の掃除をしてからの退室。


充実した一日。
さ、帰ろう。

そう思った刹那。

「さぁ、カレーで締めるよ。」
と「超絶良い人バンドマン」。

あれだけ食った後に、まだ食うのか。。。


俺、明日の「よこはま月例マラソン」、走りたいし。


行きたい気持ちもありつつも、走りたくて帰った俺。
が、月例マラソン当日の雨風の強さにDNSしてしまった俺。
今となっては、その中途半端さに後悔しかない。


ココイチのカレーで締めに行った親父は、たぶん4人。
40歳オーバーの親父たちなのに、すげーパワーだよ。


で、ふと気になった俺は、横浜市で俺たちと同じような親父の会を行っている学校がどのくらいあるのか調べてみた。

■横浜市における親父の会の設置数

横浜市の小中学校の数は、横浜市教育委員会によると、
平成29年4月1日現在
小学校:339
中学校:146
義務教育学校:2
高校:9
特別支援学校:12
合計:508校
横浜市教育委員会【教育関係統計資料】


また、親父の会を設置している小学校は、横浜市によると、
138校
(小学校121校、中学校13校、高校1校、特別支援学校3校)
横浜市生涯学習ページ「はまなび」| 平成30年度おやじの会親子ふれあい事業補助金申請を受付中です


実に25%以上の学校で、父親たちがボランティアで地域活性化に貢献している。

こんなに多くの学校にこのような団体があるとは思ってもいなかったので少々驚いた。

全国の楽しく頑張っているお父様方、子供たちと楽しい学校生活を共に送りましょう!



いつもありがとうございます。こちらを応援ポチしてください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村