3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

バドミントン

娘が取り組むこと。

「今日もナイスファイトでしたよ!」と、バドミントンサークルの帰り際に、御年60を超える上手な方に言っていただけた。そのおじさま、すっごく楽しそうな顔をされていたので、心からの言葉なのだろうと、素直にうれしかった。 バドミントンサークルには、親…

「私、マラソン走ったことあります。」

土曜日のオンライン飲み会。主役であるそらさん。そしてオマケのガンプさん。 お2人に「おめでとう!」と、景気のイイ出だしで始まる。 すっごくお久しぶりに見た「みゃあこさん」は、最近またブログを書き始めていらっしゃって。「久々にお話聞きたいなぁ」…

嬉しいような、恥ずかしいような。

日曜日は、1週間で一番楽しみな日になっている。今は、バドミントンが楽しくて楽しくてしかたない。 バドミントンのYouTubeの動画は、ほぼすべて見尽くしたんじゃないかって言うくらい見ているのだが、日曜日は、朝起きてから、バドミントンの動画をずーっと…

カッコつかない話。

日曜日の午前中のバドミントンサークルでの話だ。いつものように楓子と2人で参加してきた。 昨年の10月からお世話になっていて、もう丸4か月も通わさせていただいている。 だいぶ皆さんと仲良くお話できるようになってきたけれど、自分的には、まだ心をすべ…

バドミントンサークルに桜子が参戦。

コロナの影響で、桜子の中学では、土日の部活を自粛することになった。 ということで、日曜日の午前中のバドミントンサークルに桜子が参戦することになった。 桜子のダブルスを見るのは、初めてなので、ものごっつワクワクしていた。 小学校の体育館に到着し…

バドミントン打ち初め。

前日のオンライン新年会。翌日は、9時半からバドミントンサークルの新年一発目なので、「ちゃんと11時くらいには退散させていただこう」そう思って参加させて頂いた。 のに、気付いたら4リットルほどのビールを飲んだあげく、結局気付いたら夜1時半を回って…

俺のクリスマスプレゼント。

どれだけ、君に会えるのを楽しみにしていたか。 俺は、ここ何日か、君のことばかり考えていたよ。 君のことを想うと、夜中に目が覚めてしまって、眠れなくなってしまうくらいに、待ち焦がれていたよ。 いつぶりだろうか。 これほどまでにワクワク、ドキドキ…

桃田賢斗選手とランニング。

2020年の現時点で、バドミントン男子シングルスの世界ランキング1位。桃田賢斗選手。 badminton-navi.net 違法カジノ店での賭博行為が明るみになって、実に1年に渡る試合出場禁止処分になって以降、より強さが増したようだ。 より強くなった桃田選手は、出場…

桜子の成長。

月曜日、在宅勤務が終わって、リビングに降りると、ちょうど桜子が学校から帰ってきたところだった。 月曜日は、バドミントンの部活がある曜日だ。 そして、興奮気味に、「今日の部内戦ね、勝ったんだよ!」と。 桜子の学年は、10名。ダブルスで5組。各組の…

イメージトレーニングからの実践。

何事においても、イメージトレーニングは非常に重要だ。 こと運動に関しては、上手な人のお手本を見る ↓ 頭の中でイメージを作る ↓ 真似して動く ↓ 動きを繰り返すという一連の流れで、動きを自分のものにしていくというプロセスが基本だと思う。 「上手な人…

体育館での出会い。

長女(桜子)の通う学校の部活は、月、水、金、土。 なので、火曜日、木曜日は、桜子と一緒に体育館でバドミントンをする曜日になっている。土曜日も桜子と。そして、日曜日は楓子と午前中バドミントンサークルに参加して、午後は桜子と体育館。 土日の体育…

父親のことを大好きな娘。

先日の佐野金での話。 トレイル大好き娘のこゆみさんは、こうおっしゃってくださった。 「全力さんが、娘さんとバドミントンしているの、すっごく良いと思います!」と。 「私、父のこと大好きなんです!」と。 そして、こゆみさんは、ご自身のエピソードを…

トレーニング理論の文献を読んでみて。

日曜日の午後。午前中のバドミントンサークルで、心地よい全身の疲れを感じながら、調べものをしてみた。 調べものの目的は、「バドミントン上達のための、自分でできるトレーニングを見つけること」 で、色々文献を調べていたら、非常に興味深い文献を発見…

「何か運動していたんですか?」って聞かれたとき。

日曜日の午前中に開催されているバドミントンサークルに参加して2か月がたった。 今日で9回目の参加だ。 平日は、長女と一緒に近所の体育館で練習し、暇なときにはYouTubeで動画を見て、家では、シャトルリフティングをして。 自分的にも、かなり上達してき…

道具を使いこなすことと脳の処理。

道具を使うスポーツは多い。 野球のバット。バドミントンのラケット。テニス、ゴルフ、剣道、ラクロス、フェンシング、卓球などなど。 最近、バドミントンにかなり集中して取り組んでいるのだが、バドミントンが上手な方を見ていると、その「ラケットコント…

バドミントンのときの心拍数。

土曜日の夕刻。試験勉強をしていた桜子に、こう言われた。「パパ、明日は一緒に体育館行けるよね?」 こんなことを娘に言われたら、超絶幸せな気分になるじゃないですか。 「おう。行こうね。」 幸せな週末の始まりだ。 ~~~~~ 日曜日は、バドミントンデ…

桜子の公式戦出場。

桜子がバドミントンの公式戦に出場できるかどうを決める、部内戦。1試合目は、無事勝利をおさめた。 www.all-out-running.com 実は、公式戦に出場するためには、もう1試合勝利する必要があった。 その1試合は、先週の水曜日に行われていたのだ。 水曜日。 桜…

俺に足りないもの。それは「フットワーク」。

桜子に聞いてみた。 「パパの動き、バドミントンぽくなってきた?」 「うん。打ち方は、前から良いと思うよ。」 「でも、なんか、走り過ぎている感じがする。」 「ほほぉ。それって、フットワークができていないってことかな?」 「たぶん、そう。」 なるほ…

褒められると伸びるタイプ。

俺は、昔から褒められると伸びるタイプだった。 なので、自分の娘たちも、なるべく怒らないで、なるべく褒めているつもり。褒めてもらうことで、やる気をアップさせて欲しいと、毎日思っているんだけど。 楓子と璃子は、褒めても褒めても、鬼滅の刃のことし…

バドミントンあるある55連発。~初心者編~

娘がバドミントン部に入ったことをきっかけに、バドミントンを始めた、42歳のおやじ。 これまでバドミントンの経験は「無」の完全なる初心者だ。 娘たちと近所の体育館でバドミントンをやるようになり。近所のバドミントンサークルに顔を出し。バドミントン…

桜子の笑顔。

日曜日の昼過ぎ。 毎週のバドミントンサークルに参加し、次女と一緒に帰宅すると、桜子が部活から帰ってきていた。 この日の朝、桜子は、次の公式戦に出場する人を選出する部内戦があると話をしていた。 ただ、膝の調子は相変わらず良くないようで、すごく不…

「今の俺は、これでいい」

「ねぇ、パパ。」 「ん?どうした?」 長女が話しかけてきた。 「今日、近所の地区センターにバドミントンしに行こうよ。」 「うーん。今、ちょっと忙しいから」 と、俺はスマホをイジりながら、空返事をした。 1年ほど前のことだ。 ~~~~~ 11月3日の祝…

ボーナスタイム。

マラソンって、走り始めて1年とか2年くらいの間、どんどん記録が伸びていく、いわゆる、「ボーナスタイム」ってあるじゃないですか。 ボーナスタイムの間って、やっぱり楽しいんですよね。 で、しばらくすると、記録は伸び悩んできて、練習メニューの見直し…

親じ会のTシャツのパワー。

この週末。 土曜日は、長女と近所の体育館で1時間半。日曜日は、サークルで2時間半with次女。そして、日曜日の午後、長女と1時間。 それだけバドミントンをしてきた。 だから、今朝は、全身バキバキっす。 実は、先週末のバドミントンサークルでは、「もう少…

バドミントンも「脚」が大事。

今年の9月の中旬頃から、バドミントンを始めた。きっかけは、長女の練習相手。 でも、いつの間にか、ものすごくハマっている自分がいる。 かつて、全日本総合選手権シングルス6連覇の偉業を成し遂げた、田児賢一選手。今は、コーチとして、そしてTAGOKENとし…

「TAGOKEN」っていう人。

明日、日曜日じゃないっすか。日曜日の午前中は、バドミントンサークルで。 先週は、ダブルスでみなさんにご迷惑をおかけしちゃったかなぁと感じていたので、この1週間で少しでも上達しておこうってんで、Youtubeでバドミントンの動画を見まくったり、近所の…

勝負に強くなるために。

日曜日のバドミントンサークルでの激しい運動にて、全身筋肉痛。特にお尻の痛みが激しくて、ランニングとバドミントンとの使う筋肉の違いを痛感している。 で、次の日曜日も絶対に参加しようと思っていて。その時に、前回よりも上手になっていたくて。 Youtu…

勇気を出して。バドミントンサークルに参加した話。

俺のバドミントン歴は、今年に入ってから、体育館で5、6回ほど。そんな初心者だ。 長女(中2)が、バドミントン部に入ったことから、練習相手として、バドミントンをやり始めた。 やっぱり、体を動かして、汗かくのって楽しいじゃないですか。 んで、「もっ…

バドミントンが楽しくなってきたぞ。

「ウッディ、この前、家族みんなで歩いてるところ、見たよ。」「お、おう。」 それ、たぶん、夜飯に近所の中華料理屋に行ったときのことだな。 「ウッディ、この前、走っているところ、見たよ。」「お、おう。」 それ、数か月前のことだろうな。 「ウッディ…

/* 画像拡大無効 */