3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

調査報告

俺たち市民ランナーのモチベーションとろうそく問題。

「なんでそんなに走ってるの?」 マラソンを走ったことがある方なら、一度はされたことがある質問ではないだろうか。 走っていない人からすると、仕事してて疲れてるのに、走って更に疲れるなんて意味不明。そんな感じに思われてしまうかもしれない。 走るこ…

マラソンのレースに向けた心の準備の方法。

マラソンのレースを走るにあたり、レースまで残り少ない日数で何ができるのだろうか。今の自分の実力を最大限発揮するために何ができるのだろうか。 俺の今年の最終であり本命のフルマラソン、湘南国際マラソンまで、残り10日ほどとなった。さらに、今週末は…

ファイテンパワーテープの効果について調べてみた結果、なんか怪しいな。

俺がアキレス腱の故障に悩んでいるとき、藁にもすがるつもりで、これを買ってみた。 ファイテン パワーテープX30 www.phiten-store.com ランナーの方なら、知っている方もいるかと思う。首回りやら脚やら背中やら、このシールを貼りまくっているランナーは多…

マラソンやランニングでおしっこが赤くなる原因と対策。

マラソンのレースを走り切って、トイレに行く。「うぉっ!!」赤っぽくなっているおしっこにビビる。 俺はこれほどまでに消耗していたのか。でも、これ、大丈夫なんだろうか。 てな、少々不安になるような経験をされた方は、ランナーには多いのではないだろ…

女性が魅力的だと思う男性の体型って?

俺は、最近、アキレス腱の故障により、走ることよりも筋トレに力を注いでいた。そしたら、ちょっといい体になってきた。そして、テストステロンの分泌量が増えたような気がする。 となると、少し異性を気にしてしまうのだ。 齢41歳のおっさんと言えども、異…

【論文調査】マラソンのレース前のセックスはどのような影響を及ぼすのか。

マラソンのレース前夜。緊張なのか興奮なのか、なかなか寝付けない。早く寝なければとベッドに先に横になっていたところに、パートナーがやってくる。 明日はレースだ。でも、なんだか悶々と、そしてギラギラしてきたぞ。これは、落ち着くためにも一戦交えた…

【論文調査】運動と女性の性的な興奮と。

男にとって、女はいつでも未知。 「この人は、俺のことをどう思っているんだろう。」「俺のこと好きなのかな」「ここで手を繋いだら、嫌われちゃうかな。。。」「これは、キスして良いってことなのか?」 女はいつでも未知。 41年間、男として生きてきたが、…

【論文調査】ランニングと性欲について。

大学入試が終わり、無事に大学に合格した18歳の頃。無心に勉強した高校三年生の頃の反動が、そうさせたのかも知れない。 大学に合格できたことに浮足立ち、いわゆる、「大学デビュー」をキメてやろうと、俺は必死だった。 毎晩のように合コン。そして、カラ…

ふくらはぎとアキレス腱の怪我を防ぐためのエクササイズ。

俺は、どうやら怪我をしてしまったようだ。しっかり走り始めてから、約2年。これまで経験したことのない、痛み。 左足首の外側、アキレス腱付近。触ると痛いし、歩いていても(特に階段を上るとき)痛みがある。 少なくとも数日間は、完全にランオフだ。 あ…

限界は何が決めるのか?

マラソンを経験したことがある人であれば、「あのレースが、自分の限界だったのだろうか?」と、疑問を持つことはあると思う。 最後でスパートをかけられた自分に、「途中でもっとペースを上げられたタイミングはなかったのだろうか」とか、レース中の補給で…

「笑顔」がランニングエコノミー向上に寄与するってよ!

俺は、「笑顔」が好きだ。「笑顔」が素敵な人に、悪い人はいないと思っている。だから、俺もたまに「笑顔」の練習をすることがある。 鏡の前で、笑う。最近の楽しかったことを思い出しながら、笑う。その笑顔が、客観的に見て、本当に楽しそうなのかどうか、…

裸足感覚シューズ MERRELL「ベイパーグローブ4」の全力レビューと効果の論文調査。

裸足感覚のランニングシューズの代表格である、MERRELL ベイパーグローブシリーズ。 本エントリーでは、ベイパーグローブ4で通算170km以上走ったので、全力中年的ベイパーグローブ4の徹底レビューを。そして、論文調査に基づく裸足感覚のランニングシューズ…

「対人不安」と「リアルでは寡黙な人」。

俺は、「ブログでは雄弁だが、リアルでは寡黙な人」と称されたことがある。 www.all-out-running.com ブログでは、色々な方をイジらせていただき、「いくぜっ!」みたいな感じで威勢の良いことを言ったりもしている。一方、実物に会ってみると、案外普通だっ…

ランニングで脚は細くなるのか。女性は細くなるけど、男性は太くなりそうだぞ。

「脚を細くしたい」そんな風に思っている女性は多いだろう。 「たくましい脚にしたい」そんな風に思っている男性は多いだろう。 「ランニングすると脚が太くなってしまうんでは。。。」と思っている女性ランナーは多いだろう。 そんな男性・女性諸君に朗報が…

真夏の汗は「そろりそろり」で回避だ!

大学生の時、お台場に向かう「ゆりかもめ」に乗車する中、友人たちと談笑しながらも、俺は冷房の風が自分に直接当たるところを探していた。 「このままではヤバいことになる」「なんとかこの変色を止めなければ」 ゆりかもめは、空中に設置された線路を走り…

ランニングのクロストレーニングにヨガを取り入れよう。

昨日書いた、怪我の予防に関するエントリー。 www.all-out-running.com このエントリーの元ネタは、大迫傑選手が所属する「ナイキ・オレゴンプロジェクト」の理学療法士であるDavid McHenry氏がディレクターをしている医療機関、Therapeutic Associates Phys…

ランニングの怪我を予防するための10か条。

「速く走れるようになりたい」「もっと練習しなきゃ」「次のレースまで時間がない」なんて思って、走る量を増やしたり、スピード練習を増やしてみたり、急に筋トレを始めてみたり、プロテインを飲み始めたり、念入りにストレッチをしたり。 最近、少し焦って…

飲酒が運動後の回復に与える影響。ビール何杯までならOKなのか?

マラソンの大会に出場した後は、打ち上げでビールをたらふく飲む。練習会に参加した後は、みんなでビールを飲んで盛り上がる。「今日は走ったし、ちょっとぐらい良いよね。」とビールをちょっとどころではないくらい飲む。「今日はオフだし、飲んじゃおうか…

ランニングでの腕振りについて。

どうやら、俺のランニングフォームにおける課題は、「腕振り」にある。先日の全力練習会でランニングフォームのスロー動画をカナ先生に撮影して頂き、自分で見返してみて、そう思った。www.youtube.com 3km全力で走ったあとの、5km走でキロ4分10秒ペース程度…

サブ40ランナーによる全力のランニングフォーム診断。

先日の山下公園でのうっちー練にて、Hiroさんが、参加者のランニングフォームを動画で撮って下さった。 www.all-out-running.com Hiroさんが撮って下さったので、Hiroさんだけ動画に映っていない。笑すいません。次回は、僕が撮影させて頂きます! で、うっ…

ランニングの腕振りに重要な肩甲骨周りの柔軟性。

ランニングにおける、腕振り。何が重要なのか、今まで論文を調べてみたが、あまり大した情報が見つからなかった。 だが、論文以外の調査で、非常に重要なポイントが見いだせた気がする。ここでは、腕振りに重要なポイントである肩甲骨の柔軟性について語りた…

俺たちランナーは、何歳までフルマラソンのタイムを縮められるのか。

人間は、誰しもが歳をとる。歳をとると、体力は衰える。※41歳の俺は、既に老眼も始まっている 俺たちランナーは、そんな加齢に伴う体力の衰えに抗いながら、タイムを縮める努力をしている。 タイムを縮める努力 > 体力の衰えが成り立てば、タイムは縮められ…

サブ3を達成するための10kmの目標タイム。

サブ3。フルマラソンを3時間以内で走り切ること。市民ランナーの中でも上位3%程度しか達成できない狭き門だ。この1年間でフルマラソンを完走している成人は、男性で1%、女性で0.3%なので、その中の3%しかいない「サブ3ランナー」は、ものすごく変態貴重な存…

紫外線対策や持久力向上に効く「抗酸化」とは。

「抗酸化」この言葉、一度は耳にしたことがある方、多いのではないだろうか。 人間の体は、運動することや紫外線を浴びることにより、「酸化」する。普段の生活を送っているだけでも、体は酸化する。酸化することで、疲れを感じたり、シワができたり、口唇ヘ…

ランナーのためのナイキオレゴンプロジェクト流「呼吸トレーニング」。

ランニングをするとき、腕の振り、脚の運び方、着地、股関節の使い方など、ランニングフォームを気にしながら練習する人は多いと思う。 だが、David McHenry氏は、「呼吸」こそが重要だと述べている。 David McHenry氏は、 ナイキ・オレゴンプロジェクトのフ…

理学療法士がお勧めする「ランナーのためのストレッチ」。

大迫傑選手が所属する「ナイキ・オレゴンプロジェクト」の理学療法士であるDavid McHenry氏。 David McHenry PT, DPT, COMPT - Physical Therapist | Oregon Project 理学療法士とは、怪我からの回復や予防を目的とした医学的リハビリテーションの専門家であ…

トレイルランニングを思う存分楽しむためのマナー。

2010年頃から、徐々に人気のアクティビティとなってきている「トレイルランニング」。トレイルランニング界のレジェンド鏑木毅さんがプロデュースするUTMFが2012年に初回開催され、ますます人気は高まっているようだ。 2013年頃、俺がランニングを始めて最初…

髪型と風の空気抵抗。

先日、マラソンを走る際の風よけの効果についてのエントリーを書いた。 www.all-out-running.com 「空気抵抗を減らすこと」は、タイムを縮める上で非常に重要だ。 この空気抵抗を減らすための努力を、Nikeも行っている。 表面抵抗をあえて上げる"AeroSwift T…

マラソンでキツくなったら声を出せ。そして「自分は強い」と思い込め。心理的限界を突破するために。

マラソン、トライアスロン、100マイルレース、5000mレース。とにかくキツい。レース終盤は、心肺と脚に限界を感じ、スピードが落ちてくる。 だが、その限界、本当の限界なのだろうか。 心理的限界と生理的限界 心理的限界を超えるために 声を出せ! 催眠をか…

マラソンにおける風よけの効果は絶大だぞ。

風が強い日のランニングは、非常にキツい。練習を積み重ねて標準を合わせてきたレースが、台風並みの強風だった日には、DNSすら頭をよぎる。だが、諦めるのは早い。 どうやら、ランナーの後方を走ることによる「風よけ」は、結構な効果をもたらしてくれるよ…

/* 画像拡大無効 */