3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

まさかのベスト更新。湘南国際マラソン2019。

意識し始めたのは、30kmを過ぎた頃だった。


30km地点で、オールスポーツばりのゴージャスカメラで、応援&撮影をしてくださっていた、キリストもどきのDEGさん

その横に、湘南在住のサブ3ヨガインストラクター、おーさん


「あ!そうだ!おーさん、先週のつくば、ナイスラン!!」
f:id:Alloutrun:20191202151719p:plain
※お2人を見つけた瞬間 by DEGさん撮影


15km地点くらいで、おーさんが応援して下さっているのを発見したが、お名前を呼んだだけで、つくばのランのことをお伝えできず悶々としながら走っていた。

折り返しで、おーさんを発見したら、必ずつくばの走りのことをお伝えしなければ。


そして、その想いが30km地点で叶った。


オールスポーツキリストDEGさんと、ヨガインストラクターおーさんのコンビを発見。

大きな声で、お伝えできた。


元気になった。


俺の予定では、30km地点を2時間25分程度で通過する予定だった。

だが、実際は、予想を上回る「2時間23分13秒」。


「もしかしたら、俺、ベストを更新できるかもしれない」


*****


湘南国際マラソン2019の朝。

3時半に起きて、ヨガを30分ほど。

自分を鼓舞し、体の調子を確かめる。


少しだけ右膝が痛む。


家を出発して、最寄り駅まで歩く。


右膝が痛む。


会場に到着し、着替える。


痛む右膝を揉む。


右膝痛が出て、よこすかシーサイドマラソンを走り、更に痛みが悪化し、それでもなお、俺は湘南国際マラソンを走ろうと思っていた。

ひたすら治ることを信じて。


みなさんから頂くコメントの大半は、

「DNSした方が良い」

というものだった。



そんなコメントに、自分も心が折れそうになっていた。

でも、自分だけは、必死に信じていた。


走るための気持ちの準備をしてきた。


ものすごいストレスを感じながら。


「とっとと湘南終わってくれっ!!!」

って。



そんな中、右膝以外は、体調も心も、万全の状態に持ってきた。


そのつもりだったが、スタート前の右膝の痛みに、不安が大きくなっていた。


一緒に行動していた、親じ会のみなさんにも、弱音を吐き始めていた。


「ゴールできないかもしれないんで、スマホとPASMO持参していきますね」


なんて、笑いながら話していた。


*****


Aブロックでの整列。

今の俺の状態からしたら、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

俺よりもAブロックに並ぶべき人は他にいたよね、みたいに思って。


スタート前。

弱い自分を振り払うように、目を閉じて、気合いを入れる。


「絶対にできる」

「俺は強い」

「絶対に走り切るんだ」



さぁ、スタートだ。


「最初の10kmは、絶対にペースを上げ過ぎてはいけない」

後半にとっておくために。


「自分の呼吸と自分の足音だけに集中する」

なるべく疲れないようにするために。


走り始めてしばらくは、右膝の痛みをだましだまし走っていた。


「あー、ダメかもしれん。」


どこでリタイアすれば、ゴール地点に戻りやすいのかな。

って思っていた。


だが、徐々に走りに集中し始めると、ふとしたときに、感じた。

「あれ?俺、右膝、痛くないぞ」

俺に、マラソンの神様が降臨してくれた。



以降、ひたすら自分の走りに集中した。



18.5km地点の江ノ島付近でのスライド区間でも、集中力を切らさないようにするために、仲間のランナーのことは気にしないようにしようと思っていた。

でも、気になっちゃう。


超絶ランナーのうっちーさん
 すげー笑顔で、めっちゃ飛ばしていた。


青のはてブロTシャツ発見。

「えーっと、誰?」

大吉ですっ!
 えらい爽やかなイケメンだった。


黒の激沈Tシャツのどでかい体のKatsuさん
 ちょっとキツそうに見えたけど、笑顔だったので安心した。


灰色はてブロTシャツ、風邪をおして参戦のアラカンサブ3.5ランナーのまっくさん
 ここまで良いペースで走れていそうだ。完走して欲しい!


そして、サブ340を狙って緊張のあまり、スタート前に顔がひきつっていたカナ先生
 予定よりも速すぎないか?でも落ち着いて淡々と走っていそうだ。頑張れ!



みなさんとスライドして、元気をいただき、再度、自分の走りに集中する。

少しでも体がきついと感じたら、楽に走ることを意識して。


走れることの気持ちよさ。

走れることの楽しさ。

走ること、それ自体。


湘南の風を感じ、遠くに悠然と佇む富士山を見ながら、体中で幸せを感じながら、走った。



30km地点でのDEGさんとおーさんの応援。

タイムを確認して、ベスト更新を意識し始める。


いや。

あまり調子に乗るな。

俺は右膝痛の不安があるし、十分な練習をつめていないんだ。


調子に乗って、意識しすぎるな。

まだ早い。


とにかく自分の走りに集中して、余計なことを考えるな。


そう再度、自分を自分の走り1点に集中するように制御した。


無心で、走ることを楽しんだ。



35km付近の西湘バイパスに入る坂でペースが落ちる。

少しずつ、徐々に、スピードが出せなくなってきた。


距離の表示と、ガーミンの計測の誤差が大きくなり、自分がベストを更新できるのか、全く分からない。


「ベスト更新するんだ!」


その想いが強くなり、自分の走りに集中できなくなってきた。

どんどんキツくなる。


なぜか、右膝が痛み始める。


39.5km地点の最後の折り返しの後の給水。

アザゼルさんがいるはず。

そう思って、探したが見つからず。


いかん。

疲れた。


ヤバい。

どんどん落ちるペース。

周りに歩いているランナーが増える。


「俺も歩いちゃおうかな。」


そんな弱い自分が心にあらわれ始める。


そんなとき、向こうから、カナ先生が走ってきた。

「ここでスライドするなら、サブ340、間違いないじゃねーかっ!!」


カナ先生とハイタッチするために、右に移動し、笑顔でハイタッチ。


「俺もベスト更新してやるぞ」


俄然気持ちが盛り上がり、気持ちを強く持つ。


最後の坂で、わたなべさんから、応援をいただく。


残り100m地点で、先にゴールしていた大吉さんに鼓舞される。


「絶対にベスト更新してやる!!」


最後、気合いのダッシュ。



3時間23分44秒
f:id:Alloutrun:20191202152017j:plain


昨年の湘南国際マラソンで、3時間24分07秒。


以降、

板橋シティマラソン2019
 3時間54分58秒

水戸黄門漫遊マラソン2019
 3時間29分09秒

横浜マラソン2019
 3時間27分15秒


故障しながらも、辛く、長いトンネルを抜けられた。


1年かけて、23秒、ベストを更新できた。



自分がここまで走り切れると全く思っていなかった。

ゴールして、時計を確認しても、しばらく信じられなかった。

少しだけ右膝は痛かった。



ベスト更新できて、嬉しかったけど、それ以上に感じたことは、

「全力さん、右膝の故障、ネタだったんでしょ?笑」

petaさんとかちみのすけさんにツッコまれるんじゃないか、という恐怖だった。



そんなことも含めて、最高に楽しく走れた、湘南国際マラソン2019。

ありがとうございました!!



最後に、

湘南国際マラソン2019のペース詳細は、こちら。

ほぼフラットなペースで走り切れた。

未だに信じられない自分がいる。
f:id:Alloutrun:20191202152047j:plain



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

/* 画像拡大無効 */