3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

ガーミンコネクトのセグメントを利用して、自分の走力を確認してみる。

ランニングを始めると、やはりフルマラソンを走ってみたくなる。

フルマラソンを走ってみると、もっと速く走りたくなる。


でも、フルマラソンの距離を走るとダメージも大きいので、普段の練習では、そんな長い距離は走れない。


そこで、

「今日の練習、10kmを〇〇分で走れたけど、フルマラソンはどのくらいのタイムで走れるのだろうか。」

という、短い距離のタイムから、ハーフマラソンやフルマラソンなどの長い距離のタイムを予想したいということは、良くあるのではないだろうか。


自分が良く使うのは、「VDOT Calculator」。
runsmartproject.com


言わずと知れた、多くのランナーの統計をもとに作られた、ジャック・ダニエルズ氏の秀逸な計算機だ。

でもね、秀逸過ぎて、なんだか「ふーん」って感じなんですよ。

もちろん、めちゃくちゃ参考にしてるんだが、なんていうか、そこから出てくるタイムに魂が感じられないというか、機械的過ぎて、まさに「ふーん」なんですよ。


5kmを全力で走ったりしたら、呼吸はむっちゃ苦しいし、なんなら最後の方なんか血の味がすることもあるじゃないっすか。

走り終わった後なんて、その場に倒れこみたくなるし、咳が止まらなかったりするし。


それなのに、VDOT計算機だと、「5K 00:20:00」って、シレッて書いてる。

その数字にドラマはあるのか?って話ですよ。



で、もっと他の方法で、短い距離のタイムから、ハーフやフルのタイムを予想する方法はないか、探していたところ、俺の相棒のGarmin ForeAthelete 935のアプリ、「ガーミンコネクト」にそんな機能があることを発見した。



これが、俺の相棒 Garmin ForeAthelete 935。


走るときはもちろん、仕事してるときも、寝てる間もずーっと共に過ごしている。

ガーミンコネクトのセグメント機能とは

ガーミンコネクトは、ガーミンのランニングウォッチに対応したアプリだ。

「セグメント」は、ガーミンユーザがランニングしたコースとその時のタイムなどを登録することができる機能だ。

ここで紹介したい機能には、直接は関係ないが、セグメントの基本を紹介したGarmin Japanの公式の動画はこちらだ。
www.youtube.com


このガーミンコネクトの「セグメント」の機能を使うと、自分の走力を、他のランナーと比較したりできて、大いに楽しむことができる。

セグメントを利用して自分と近いタイムの人を見つけてみる

これまでに自分が走ったレースの記録から、セグメントを辿ることで、そのコースを走ったランナーたちの記録を見ることが可能だ。


例えば、2018年末に走った「足立フレンドリーマラソン」の俺の記録。


この下の部分に「セグメントを表示」とある。

ここをタップすると、「セグメント」が表示され、いくつかのコースが表示される。


自分が走ったコース上に作られた「セグメント」が表示されるようだ。

この中で、「足立フレンドリーマラソン」のコースと思われるものをタップ。

すると、足立のコースを走った猛者たちの記録を見ることが可能だ。


このページの「全リーダーボードの表示」をタップすると、じゃじゃーんとタイム順にソートされて、沢山の方々の記録を見ることが可能だ。


非公開設定にしている方のデータの詳細は閲覧できないが、公開設定にしている方のデータは、

・アクティビティの記録

・統計情報

・「About」情報

を閲覧可能。


例えば、俺の足立のタイム「1時間33分45秒」よりもいくらか速かったこちらの方の「統計情報」。


俺よりも速く走った方が、他の距離をどのくらいで走ったのか。

そして、普段、どのような練習をしているのか。

なんてことが、詳細まで分かってしまう。


ちなみに、この方は、月間300kmペースで走られているが、普段の練習のペースは決してそんなに速くはなかった。


自分のタイムもセグメントに登録してみる

自分のタイムもセグメントに登録することが可能だ。

この画面の一番右上、「スマホの画面に矢印があるアイコン」をタップして、その後、ガーミンデバイスと同期をすればオッケイ。


すると、この画面に俺が登場することになる。

画面中央の右側に、俺が現れた。


どうやら俺は、このコースの登録者の中で「62番目」らしい。



全体の登録者は「137名」、うち、「62番目」。


結構、みなさん、速いね。。。


まとめ

このセグメントの機能、すごい良い。

「10kmのベストが〇〇分の人が、フルマラソンを××分で走ったんだ。」

とか、

「月間走行距離がこんな感じの人が、フルマラソンを××分で走ってるんだ。」

とか、

「普段、こんな練習を、こんなペースでしている人が、フルマラソンを××分で走ってるんだ。」

とか、

「このアイコンの人、かわいいな。。。」

とか、、、


そこには、VDOT計算機からは感じることができない、ランナーの息遣いが透けて見える。

「このタイムがベストの人は、こんなに速いペースで練習してるんだな。」

「どうやら、この練習がレース前最後のポイント練習だな。」

「このレース前に、少し走りすぎっぽいな。テーパリングした方が良いのに。」

てな感じだ。

そこには、ドラマがあるよね。

リアルだよね。


先週、風邪ひいてベッドの中で、Amazon Primeビデオを見るか、ガーミンコネクトのセグメントを見るか、そんな感じで過ごした。

暇つぶしにはもってこいだと思うよ。


皆さんも、ガーミンの「セグメント」の機能、使ってみてね!




いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ