3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

マラソンでキツくなったら声を出せ。そして「自分は強い」と思い込め。心理的限界を突破するために。

マラソン、トライアスロン、100マイルレース、5000mレース。

とにかくキツい。

レース終盤は、心肺と脚に限界を感じ、スピードが落ちてくる。


だが、その限界、本当の限界なのだろうか。

心理的限界と生理的限界

「火事場の馬鹿力」と表現される、火急の状態で発揮される凄まじいパフォーマンスがあると言われている。

この「火事場の馬鹿力」を科学的なアプローチで説明している論文は多くある。


「体力の生理的限界と心理的限界に関する実験的研究」

1956年に東大の猪飼先生によって書かれたこちらの論文では、

身体構造による限界を「生理的限界」

神経活動や心理的条件による限界を「心理的限界」

と定義付けている。


気持ちに左右される心理的限界が先にやってきて、生理的限界まで出すことができないという。


生理的限界は、その個人によって一定。

心理的限界は、心理的な条件などで、いちじるしく左右されると言う。


何らかのことが要因となり、心理的な条件のフィルターが外されたとき、心理的限界が生理的限界に近接し、「馬鹿力」が発揮されると言及されている。


確かに、

「ここでやらなくては、俺は死ぬかもしれない」

と感じた時、ものすごい力を発揮できるのかもしれない。


でも、俺はまだ死なない。

普段の生活を送っている中で、命の危険を感じるほどの状況はなかなか無い。


では、生理的限界ギリギリのパフォーマンスを発揮するためには、何が必要なのだろうか。


心理的限界を超えるために

声を出せ!

猪飼先生のこちらの論文では、「かけ声」の有効性を述べている。

「筋力の生理的限界と心理的限界の筋電図学的研究」


ある運動を繰り返し継続すると、発揮する筋力は徐々に落ちてくる。

ところが、「かけ声」を出すと、出したタイミングで一気に筋力が向上するのだ。

その筋力の継続時間は、4秒程度。

ときには、10秒から2分程度継続することもあると言う。

f:id:Alloutrun:20190316120239j:plain
かけ声の効果
※上記論文の第8図より


声を出すことで、一時的に筋力が復活するということだ。

催眠をかけろ!

冒頭で紹介した猪飼先生の論文の中では、かけ声以外にも、「催眠の効果」についても言及されている。


「強くなるという示唆がある催眠」を行った場合、実に「26.5%」の筋力向上があった。

また、逆に

「弱くなるという示唆がある催眠」を行った場合、「31.7%」の筋力低下が見られた。

f:id:Alloutrun:20190316121158j:plain
催眠の効果
※冒頭の論文の第1表より


被験者が6人と少人数ではあるため、向上/低下の幅の信頼性は低いが、面白い結果だ。


確かに、一流のアスリートは、試合前に瞑想などを行い、「絶対にできる」と強く念じる人もいると言う。

まとめ

マラソンを走っていると、

「もうキツ過ぎる。止まりたい。」

と思うこともある。


でも、それは「心理的限界」であり、まだ「生理的限界」ではない可能性が高い。


キツいと思ったら、声を出そう。

「うっひょーーっ!!きっもちぃーーー!!」と。


そして、自分に催眠をかけよう。

「俺は強いっ!俺は速いっ!絶対にこいつらをブッコ抜いてやるっ!!」と。


声を出し、催眠をかけることで、より「生理的限界」に近い、最高のパフォーマンスを発揮できるはずだ。


心理的限界を突破するのだ。

その1秒を削り出せっ!!



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ