3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

横浜トレイルと鎌倉トレイルと鎌倉小町通りを楽しめるコース。

サブ3を達成するための脚作りのために、最近はトレイルコースにおもむくようにしている。

俺の住んでいる横浜市には、素晴らしいトレイルのコースがあるのだ。


都内からのアクセスも良く、お手軽にトレイルランを楽しめる、最高のコースだ。


ここでは、横浜トレイルから鎌倉トレイルを楽しんだ上に、鎌倉小町通りまで楽しんでしまう、俺がおすすめするコースを紹介したい。

コース概要

港南台駅から2kmほどロードを走ったところから始まり、鎌倉方面まで続くトレイルは、片道10km弱。
f:id:Alloutrun:20190414195820j:plain
f:id:Alloutrun:20190414195836j:plain
f:id:Alloutrun:20190414195851j:plain


横浜市最高峰の大丸山(156.8m)から鎌倉市最高峰の大平山(159.2m)へと続く、ハイキングコースだ。

横浜市が公開しているマップが非常に分かりやすい。

「円海山周辺マップ」

f:id:Alloutrun:20190414171854j:plain
円海山周辺マップ



横浜のトレイルに入るには、JR港南台駅からのアクセスが最も良いかと思う。


あとは、京浜急行の金沢文庫駅西口から「富3」バスに10分ほど乗り、「氷取沢バス停」で降りてそこからトレイルに入っても良い。

氷取沢から入山すると、「おおやと休憩所」という休憩所があるのだが、そこには小川が流れており、春過ぎには、小池にオタマジャクシが大量にいたりして、子連れでも楽しめる。

休憩所の名にふさわしく、ベンチやちょっとした屋根付きの休憩スペースもあるので、おすすめだ。



港南台駅からは、上記マップの黄緑色のコース「ビートルズトレイル」に沿って進むのが良い。


ここで紹介するコースは、

港南台駅 → トレイル入り口A1 → いっしんどう広場 → 大丸山 → 自然観察センター → 市境広場 → 天園 → 建長寺または瑞泉寺 → 鎌倉周辺

というビートルズトレイルから、鎌倉トレイルに入って、鎌倉周辺に降り立つコースだ。


港南台駅からトレイル入り口

港南台駅前からトレイルの入り口A1までは、約2km。

ちなみに、俺の自宅から港南台駅までは、3km程度なので、いつも家から走って行っている。

「ひよどり団地入口」から、少し勾配が大きいロードの坂道を上ること500mほどで、トレイルの入り口に到着する。

横浜のトレイルは、ここの坂道がもっとも勾配がキツイかも。


トレイルの入り口は、こんな感じだ。

f:id:Alloutrun:20190414175205j:plain
ビートルズトレイルA1


天気が良ければ富士山が見える。

f:id:Alloutrun:20190414175228j:plain
A1からの富士山


さぁここからトレイルに入ることになる。


最初の広場は、「いっしんどう広場」だ。

この広場、ベンチも多くあり、鎌倉から帰ってくるときにお着替えをするポイントにしている。

ここでお着替えをして、港南台駅までゆるジョグし、港南台駅周辺でラーメン食べてから家に帰るのが俺のいつものパターンだ。

A1から大丸山

A1から続くトレイルは、しっかり整備されている。

大丸山へ続くコースは、それほど起伏がなく、走りやすい。


起伏を求めるようであれば、横浜市の溜池である「瀬上池」の方まで行っても良いと思う。


大丸山へと続くトレイルの途中では、住宅街を下に、遠くに富士山が見えるポイントもある。

f:id:Alloutrun:20190414175922j:plain
横浜トレイルからの富士山


トレイルから大丸山に登るには、20mほど階段を登る必要がある。

大丸山の頂上には、ちょっとした広場があり、そこからは、八景島シーパラダースや東京湾、千葉の房総半島までが一望できる。

f:id:Alloutrun:20190414180236j:plain
大丸山


横浜市民でなくとも、一度は登っておきたい山の一つだろう。


そして、トレイルランニングの気持ちよさと解放感から、ヨガのポーズもしっかりキメたくなる。

鷲のポーズ、ガルーダアーサナ。

f:id:Alloutrun:20190414180510j:plain
ガルーダアーサナ@大丸山


大丸山から自然観察センター

大丸山を下り、そこから横浜市と鎌倉市の境界に位置する「市境広場」に向かう途中、自然観察センターに立ち寄っても良い。

自然観察センターでは、横浜の山々で観察された様々な生き物が写真で紹介されていたり、多くの図書が置かれていたりする。
横浜自然観察の森


水道もあるし、トイレもあるので、ちょっとした休憩には最適だ。

自然観察センターは、9時から16時半まで開館している。

f:id:Alloutrun:20190414181435j:plain
自然観察センター


市境広場から天園

自然観察センターを後にして、少し登ると「市境広場」だ。

ここから、鎌倉市のトレイルに入る。

鎌倉トレイルの方が、起伏が多く、あまり整備されていないため、横浜市のトレイルとは、また少し違う雰囲気になる。


鎌倉トレイルには、「切通し」と呼ばれる、大きな岩を切って通れるようにした古道がいくつかある。

f:id:Alloutrun:20190414182703j:plain
鎌倉の切通し


こんなトレイルを楽しめるのも、このコースの醍醐味の一つだろう。


鎌倉トレイルには、「天園」と呼ばれる場所がある。

このあたりは、竹林が多い。

そして、天園には休憩所があるのだ。

少々お値段は高いが、おでんなどのちょっとした軽食、ビールや甘酒などを楽しめる。
f:id:Alloutrun:20190414183247j:plain

f:id:Alloutrun:20190414183309j:plain
天園休憩所


天園休憩所は、ハイカーたちの憩いの場なのだ。

天園から大平山そして建長寺

横浜トレイルから、天園にたどり着けずに、「鎌倉霊園」に降り立ってしまうことがある。

1か所、看板がなくて間違いやすいポイントがあるので、気を付けて欲しい。

「あれ?ここはどっちに行けばいいんだ?」

って思ったら、この風景の方に進んで欲しい。

f:id:Alloutrun:20190414183656j:plain
天園方面


まぁ、間違えたら間違えたで、どってことはないが。。。


天園から建長寺方面に進むと、鎌倉市最高峰の大平山にたどり着ける。

岩の階段になっている大平山は、鎌倉トレイルの一番の見どころかも知れない。

大平山の広場は、横に鎌倉カントリークラブがあり、自然と人工物の融合が、なんとも言えぬ感覚を生み出す。


そして、大平山は、鎌倉市最高峰であるにも関わらず、その看板がショボい。

f:id:Alloutrun:20190414184055j:plain
大平山


こんな感じもトレイルならではなんだろう。


大平山を過ぎると、建長寺まではそこそこ起伏が激しい。

起伏が激しいトレイルを抜けると、建長寺の頂上にある見晴らし台に到着。

そこからの景色は素晴らしい。

f:id:Alloutrun:20190414184351j:plain
建長寺の見晴らし台からの富士山


天気が良ければ富士山が見える。

陣馬山からの景色に匹敵するのではないだろうか(言い過ぎか。。。)。


見晴らし台から階段を下ると建長寺の境内に入る。

境内の入り口で、参拝料を払うことになるので、払いたくないのであれば、見晴らし台から折り返して天園付近まで戻る必要がある。


ただ、建長寺に入ると、数百円の価値は十分にあると感じられる。

こんな天狗たちのお出迎え。

f:id:Alloutrun:20190414184722j:plain
建長寺の天狗


桜が咲く境内。

f:id:Alloutrun:20190414184803j:plain
建長寺の桜


お寺の雰囲気を十分に味わえる。
f:id:Alloutrun:20190414195410j:plain


もちろんトイレもあるし、6月ころには「あじさい」が旬を迎える。

鎌倉から瑞泉寺のトレイル入り口

無事に鎌倉に降り立って、鎌倉の街を楽しんだ後は、瑞泉寺の横からトレイルに入ると良い。

ここから入山すれば、参拝料は不要だ。

入り口には、こんな看板があるので、「瑞泉寺」を目指して、以下の看板を探せばトレイルに戻ることができる。

f:id:Alloutrun:20190414185351j:plain
瑞泉寺トレイル入り口


あとは、天園を目指して戻って、横浜トレイルに戻れば良い。

素敵で爽快なトレイルランを思う存分楽しめるはずだ。


戻ってきた後は

横浜→鎌倉→横浜で戻ってくると、汗びしょびしょですよね。

なので、どうしてもシャワーを浴びたいなぁって思うこともあると思うんですよ。

港南台から出発したのであれば、「港南プール」でシャワーを浴びると良いと思う。
港南プール


10時から20時までは、400円でシャワーできます。

ただし、シャンプーやせっけんは使ってはダメです。

トレイルランナーの鎌倉の楽しみ方

鎌倉の地に降り立ったとあらば、鎌倉の街を思う存分楽しまないといけない。

俺がおススメしたいのは、以下の3店だ。

・お漬物のお店「味くら」

・お豆のお菓子「まめや」

・パンとソフトクリームのお店「ビゴの店」

味くら

tabelog.com


港南台からここまで約10kmを走ってきた。

そこそこエネルギーも消費している。

この「味くら」では、超絶美味しいお漬物を試食できるのだ!!


大量の汗を掻いて、塩分が足りなくなっている体に、しっかり塩分補給ができる。

なので、本当におすすめだ。
f:id:Alloutrun:20190414190046j:plain

f:id:Alloutrun:20190414190102j:plain
小町通りの「味くら」


俺は、ここでしっかり「梅干し」を試食させて頂いてから、好みのお漬物を買って帰ることにしている。

俺が好きなのは、「ゆず大根」と「味噌ごぼう」だ。

「にんにく」的なのも美味しい。

ていうか、全部美味しい。

今回は、「ゆず大根」を購入させて頂いた。


いいか!

試食だけして帰るんじゃないぞっっ!!

まめや

tabelog.com


この「まめや」でも、お豆を使った超絶美味しいお菓子が試食できるのだ。

試食ができるとのことで、いつでもお客さんたちで混雑している。


季節によって、お菓子の種類が変わるので、是非試食をしてから選んでいただきたい。


今の季節の俺のおススメは、「いちごミルク」だ。

まじで美味しい。

うちの娘たちにも非常に好評だ。


今回は、「いちごミルク」と「きなこ豆」を買ったのだが、「いちごミルク」人気が凄まじかった。
f:id:Alloutrun:20190414195339j:plain


いいか!

試食だけして帰るんじゃないぞっっ!!

ビゴの店 モン・ペシェ・ミニョン

tabelog.com


鎌倉トレイルを瑞泉寺のところから降り立つと、そのまま鶴岡八幡宮へ向かう道すがらにある、超絶美味しいパン屋さんだ。

f:id:Alloutrun:20190414191558j:plain
ビゴの店


ソフトクリームも販売しており、夏場はソフトクリーム、寒い時期は焼き立てのパンと、最高に至福の時間を過ごせるお店だ。


前回はソフトクリームを。

f:id:Alloutrun:20190414192004j:plain
ビゴの店のソフトクリーム


今回は、超絶美味しいパンを頂いた。

f:id:Alloutrun:20190414191627j:plain
ビゴの店のパン


ビゴの店は、瑞泉寺のトレイル入り口から1km強。

横浜トレイルから鎌倉に降り立った際の休憩にも使っていただけるし、鎌倉を楽しんでからのトレイル入山前にも使っていただけるかと思う。


ただし、ビゴの店は、超絶人気店でいつでも混雑しているので、汗まみれの泥だらけで、お店にご迷惑をかけないで欲しい。


トレイルランニングを楽しむためのマナー

都内からも気軽にアクセスできる横浜鎌倉のトレイル。

やはり、ハイカーの方々も多い。

なので、トレイルランニングを楽しむのであれば、最低限のルールは守っていただきたいと思う。


ハイカーとランナーが共存するために。


トレイルランニングにおけるマナーについては、以下を読んでいただきたい。
www.all-out-running.com


さぁ、楽しもうぜ。トレイルを。

ということで、長々書きましたが、トレイルランニングは、本当に楽しいんですよ。

「おはようございます!」

「こんにちわ!」

なんて声を掛けながら走るって、ロードを走っててもないじゃないですか。


ロードですれ違った人に挨拶しちゃったら、「こいつヤバい人なんじゃないか?」って思われそうじゃないですか。

でも、山の中では、挨拶することが普通なんですよね。


挨拶しながら、声を掛けながら、すれ違う時にも気を配りながら。

「うっひょー!!」って楽しみながら。

すごく綺麗な景色を堪能しながら。

自然を感じながら。


トレイルは、本当に気持ちが良いから、騙されたと思って、一度でいいからトレイルランニングをやってみようよ。


マラソンブロガーが主催する「鎌倉トレイル侵攻大作戦」なるイベントもあるぞっ!!

要チェックだっ!!
雑記!俺は恋がしたい!!! | たけしの叛骨ランニング!

雑記!俺も恋をしたい!!! | 飲むために走る日々

雑記!私も恋がしたい!!! | ユキとふらっとのらん日記


興味のある方は、「鎌倉トレイル侵攻大作戦」でググってみてね!!



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

/* 画像拡大無効 */