3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

全裸で朝食をとっている初秋。

まだ夏の暑さがわずかに残る秋雨の朝。

俺は食卓につき、朝食を取っていた。


時刻は、6時45分。


お味噌汁をすすっていると、長女が起きてきた。

「おはよう。」

「うん。おはよう。」

普通の家庭でも見られる、ごく普通の光景。


だが、そのごく普通の光景の中の一部に、ごく普通の家庭では、あまり見慣れない情景があった。



俺は、全裸だった。



食卓の椅子の上にバスタオルを敷いてその上に座り、俺は全裸で朝食をとっていた。


奥さんは、キッチンで朝食とお弁当の準備をしている。

次女、三女と眠い目をこすりながら、寝室のある2階から1階のリビングに降りてくる。


「おはよう。」

食卓の椅子に座っている全裸の俺が、娘たちの寝起きを見守る。


俺が全裸で食事をしていることに対して、うちの家族は誰一人として、コメントはしてこない。




俺が全裸で過ごす時間が増えたのは、この夏からだった。

みなさんご存知の通り、この夏の猛暑は尋常ではなかった。


酷暑の昼間を避けて、早朝に走るようになり、走って帰宅後、ランTとランパンを風呂場で脱ぎ、その場でランTとランパンを洗っていた。

冷たいシャワーを浴びるものの、その後も汗が止まらず、タオルで汗を拭くものの、汗が止まらないまま出勤するという、朝ランのデメリットを感じていた。

そして俺はこの夏、早朝ランの後は、ラン直後と出勤直前と朝2回シャワーを浴びることが常習化していったのだ。

2回シャワーを浴びるのならばと、1回目のシャワーの後、全裸でいることになった。



早朝ランからの全裸でソファでテレビを見ていた、早朝全裸初回。

6時過ぎに起きてきた奥さんは、「なんで全裸なの?笑」と、しっかりツッコんでくれた。

7時前に起きてきた娘たちも、俺が全裸でご飯を食べていることを、しっかりツッコんでくれた。

そこには、「なんでパパ、裸ん坊なの~」的な、ごく普通の笑いがあった。

俺の裸で、家族が一つになる瞬間があった。



が、9月も終わろうとしている、今はもう、その瞬間がない。



ふと、玉子焼きを口に運んだとき、玉子焼きにかかっていたソースが、太ももに飛んだ。

俺は一人、太ももに付いたソースを、ティッシュで拭きとる。

俺の裸で家族が一つになっていた、あの頃を思い出しながら。



俺は、いつまでラン後の全裸スタイルを突き通すのだろうか。

実は、平均心拍数124の本日のユルジョグでは、そこまで汗は掻いていない。


でも、俺が全裸で食事をしていることで、もしかしたらまた8月初旬に感じられた、家族が一つになったあの瞬間をもう一度味わえるかもしれない。

そんな淡い期待を持っての、全裸だった。

しかし、俺の淡い期待は、もろくも崩れ去り、家族全員、そこに対してはノーコメント。



やはり、同じネタでは、みんな飽きがくるんだね。

そんなことを感じた秋の初めだった。



いつもありがとうございます!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ