3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

楽しかったonジャパンの鎌田和明さん講師のランニングイベント。

昨日、新横浜公園にて開催されたランニングイベントに参加してきた俺。
www.all-out-running.com


参加のモチベーションは、「横浜マラソンのチャレンジ枠で当選すること」だった。


と、スイス発祥のランニングシューズメーカ「on」のセールス担当であり、トライアスリートでもある「鎌田和明さん」が講師をされるということだった。


鎌田和明さんは、onジャパンのセールス担当であり、
トライアスロンチーム「BLUE-TRAIN(ブルー・トレイン)」の代表であり、
ランニングイベントなどを行う「Lifestyle Factory」の運営者である。

トライアスロンの大会にも出場しており、輝かしい成績を収めている。



参加費を支払い、イベント開始まで20分ほどある時間で、鎌田和明さんと少し談笑。

onのシューズが、沢山置いてあり、試し履きをしても良いとのこと。

5種類ほどのシューズが、サイズごとに多く用意されていた。


俺も、試着させて頂いた。
試着したのは、「on クラウドX」だと思う。



試着して、少しばかりジョグ。

「!!!!」

薄底シューズしか履いてこなかった俺。

「ランニングシューズの着地の衝撃吸収」というものを初めて味わったかもしれない。


アウトソールの厚みなどの見た目の割には、軽い。

着地時は、非常にソフト。

でいて、前に体を押し出してくれるような力を感じられる。

この押し出してくれる感覚は、鎌田和明さん曰く、

「プラスチック製の板が、シューズに入っていて、反発を生み出す」らしい。

このシューズ、すごいかもしれない。


最近、アシックスのソーティマジックRP4を購入してしまったばかりなので、少しばかり先になるかもしれないが、買ってしまおうと思っている。



イベント参加者は、25名。

男性8割、女性2割程度だったか。

少し雨が降っていたため、屋根(道路)があるところに移動する。


全体の流れとしては、

1.準備運動

2.ランニングフォームの悪いところを知るドリル

3.ランニングフォームを良くする「体幹ドリル」

4.ラダーを使ったランニングドリル

5.新横浜公園の1.7kmコースのジョグ

6.新横浜公園の1.7kmコースのランニング

だった。


俺は、世界的なトライアスリートの鎌田和明さんの動きを少しでも近くで見るために、常に最も近い位置にポジショニングしていた。

準備運動でも一番近くに、ドリルの際も先頭に並び、ジョグ&ランの時も先頭にポジショニングした。


詳細は割愛するが、ランニングフォームを良くするためには、「体幹を意識すること」と鎌田和明さんは強調していた。

細かいことは色々あるが、「体幹を意識すること」が最も基本的であり重要であるとのことだ。

ドリルは、体幹を意識した上で行うように徹底して教えて下さっていた。


体幹トレーニングの重要性は、俺も分かっているつもりではあったが、ここまで強く教えていただくと、更に重要性を理解できた。

ドリルを行う直前には、

「つまさき、骨盤、肩、頭をまっすぐにして、まっすぐ腕を上げる」

「そのままつま先立ちをする」

「すると、体幹を意識しないとバランスを崩しやすくなる」

「しっかり体幹を意識したまま、腕を下げる」

「体幹への意識はそのままに、ドリルを行う」

ということを教えて下さった。



ドリルを終えて、ジョグ&ラン。

ジョグは、キロ6分を目標に走る。

ここでも、先頭にポジショニング。

1.7kmをゆっくり走る。


鎌田和明さんのランニングフォームをチェック。

さすがに、体幹がしっかりしており、安定したフォーム。

そして、着地は、フォアフット寄りのミッドフット着地。

ゆっくり走っているのに、全くブレていない走りが印象的だった。



ジョグの間、鎌田和明さんにいくつか質問をしながら走る。


1.体幹を意識する際、腕を上げる必要はあるか?四十肩の俺にはツラいのだが?

→腕は必ずしも必要ないですよ。そのうち、慣れれば何もしなくても体幹を意識できるようになります。


2.鎌田さんは、胸筋もすごいけど、筋トレは何をしていますか?

→筋トレは、体幹以外はやってないんですよ。トライアスロンで泳いでいると胸筋がついちゃうんですが、ランのためにはもっと落としたいんです。


3.今、体重はいくつ?

→70kgです。ランだけやってたときは、55kgだったのに、もっと落とさないとなぁって思っていますよ。


なんてフランクでカッコいい方なんだ。

鎌田和明、絶対にモテる。

俺は、そう確信した。



ちなみに、どうでもいいかもしれないが、ジョグのペースはこんな感じだ。



新横浜公園の1.7kmコースを1周ジョグした参加者は、少し休憩し、ランにうつる。

好きなペースで走っていいとのこと。

ここでも鎌田和明さんの横にポジショニング。

スタート!

キロ4分20秒ほどで走り始める。

そして、並走する鎌田和明さんに少し質問する。

「もっとストライドを長くしたいんですが、どうすればいいでしょうか?」

→「今でもストライドしっかり長く取れてますよ。長くするにしても、脚を前に出す意識ではなく、後ろの蹴り出しで長くする意識をして下さい。」

なるほど。
すごく分かりやすい。

その後、鎌田和明さんに、「行っちゃっていいですよ。僕、後ろの方たちのフォームチェックしてきますので。」と言われ、ペースを上げる。


体幹を意識しながらの1.7kmラン。



先頭にポジショニングしていたこともあると思うが、ぶっちぎりの1番で1周走ってやった。

体幹を意識することで、体がブレず、楽に走れた気がする。

体幹を意識しすぎて、肩や腕に力が入らないようにすることが重要だと思った。



イベント終了後、鎌田和明さんのファンになってしまった俺は、しっかり写真を撮ってもらう。
ちょー、カッコいいぜ!


写真の右が鎌田さん。左はサポートの方なのだが、お名前を失念。。
すいません。。。


今回のランイベント、非常に有意義だった。

鎌田和明さんが講師のイベントには、是非また参加したいと思えた。



で、最後に横浜マラソン、チャレンジ枠の抽選が行われた。

希望者20名に対し、当選は10名。

「外れないっしょ」

なんて、思っていたよ、俺は。



が、結果は「落選」。


まじか。。。

さようなら、横浜マラソン。

また会える日まで。



が、横浜マラソン不参加にて浮いた15,000円で、今日は寿司食べちゃうよ!!!

あー、くやしいぜ。


いつもありがとうございます!応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ