3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

卒業お祝いの餅つき大会。本気のドッジボールに娘がひいた話。

2月9日の土曜日、卒業生をお祝いする「餅つき大会」がひらかれた。


餅つき大会の主催は、小学校のPTA。

餅つきは、近所の町内会が主体。

親じ会は、餅がつきあがるまでの楽しませるイベント担当。



雪がちらつく中、昼前に集合する親じたち。


当日のイベントの流れは、こんな感じ。


俺的には、子ども達とのドッジボールが、このイベントで最も楽しみにしていることだ。


やっぱり、体を動かして、みんなで競い合うのって、血が騒ぐじゃないですか。


親じは、ちょっと優しく相手して、負けてあげるくらいがちょうどいいのかもしれない。


でもね、俺は全力で行くよ。


やっぱり、親じにはかなわねーな。て思わせたいもんな。


ちなみにうちの長女も卒業生として、餅つき大会に参加していた。


ドッジボールが始まる。


俺は、ノールック投げで、どんどん6年生の猛者たちを倒す。

女の子には、少し手加減して投げる。

中には、桃白白の「どどん波」のような強烈なボールを投げる子どももいる。

しかし、そんな「どどん波」級のボールも、俺は取りまくる。

取りまくった結果、6年生たちに「あいつはヤバい」と思われるようになった。



ボールを取って、ムキになった男子が俺に向かって投げようとしていると、

「ちょっと待て!冷静になれ!」

みたいな感じで止められていた。



それくらい全力でドッジボールを楽しんだ。


そして、「あの親じは、なんかヤベー」と思わせることに成功した。


あまりに全力で参加したおかげで、床に膝を打ってしまい、しばらく歩くのも痛かった。


全力で子ども達と遊んだ後の、豚汁とお餅は、最高に美味しかった。


ちなみに、子ども達全員が餅つきの体験をして、自分達がついたお餅を食べる。



イベントの終わりには、子ども達から感謝のメッセージをもらえた。



嬉しかった。


小学校を卒業しても、また一緒に遊ぼうぜ。



*****



2月12日の火曜日。

三連休明けの初日、長女は小学校で日直だったらしい。


日直は、どんな内容でも良いので、何か作文してみんなの前で読み上げることになっているらしい。


うちの長女は、三連休の初日の「卒業生をお祝いする餅つき大会」について作文をしていた。


こちらが、長女の作文だ。



「けど、私の父が特に本気でちょっとひきました。」


「PTAやおやじ会の方々に感謝を忘れずにしていきたいです。」


ほほぉ。


父親である俺が、子ども達相手に本気でドッジボールをやっていたことに「ちょっとひいた」と笑いを取ってからの、

PTAや親じ会への感謝の気持ちを述べる真面目な流れへ。


我が子ながら、さっと書いたわりには、面白く、そして何だかいい感じに書けてるじゃないか。


こりゃ、将来は、有名ブロガーだな。



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ