3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

早朝のHOTT3km。朝ランを試食。

朝ランは、脂肪燃焼効率を高めることに効果があることを知った俺は、さっそく朝ランを試してみることにした。

朝ランニングは脂肪燃焼に効果あり。ランニング学会によるレビュー記事のまとめ。 - 3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。


また、マラソンブロガー駅伝にエントリーしている俺は、参加予定の「大井東京夏マラソン」が1周3516mのコースを周回するリレーマラソンであることを知る。

【本日まで】マラソンブロガー駅伝のメンバー募集!! - 3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。


朝食前に走る「朝ラン」は、エネルギー不足ゆえに、長距離を走ることは難しいだろう。

ならばと、3kmのタイムトライアルを行うことを前日から決めていた。

3kmのTTを行い、7月22日「大井東京夏マラソン」のリレーマラソンまでの目標を立てると決めていた。


そう。
久々のHOTT。
独りぼっちの俺のタイムトライアルだ。



午前3時半。

目覚ましが鳴ることもなく、一人ベッドから起き上がる。

目覚めはすこぶる良い。

ふと窓から外を眺めると、東雲(しののめ)のかかるみなとみらいが美しい。


早朝のHOTT3kmに向けて、心の準備はバッチリだ。

ランTに着替え、2Lペットボトルに残るスポーツドリンクを飲み干す。


3000mから5000mのランの前には、特にダイナミックストレッチが良いことを、先日の論文調査で知った俺は、念入りにダイナミックストレッチを行う。

ランニング前のストレッチは、ダイナミックストレッチ。 - 3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。



心も体もHOTT3kmに向けてバッチリだ。


子どもたちの寝息が静かに残る自宅を出発する俺。

昨晩降った雨のせいで、地面は濡れており、空気はしっとりと少し重たい。

早朝の薄暗いしじまの中、走り出す。


鳥の鳴き声に混じり、いつも以上に響く俺の足音。

なんとも気持ちがいい。


1.5kmほどのアップを行い、しばし瞑想。

心拍と呼吸を少し落ち着かせてから、気合を入れる。

ぐわっっと血が沸く感覚。


よし。
行ってやるぞ。

HOTT3km。

独りぼっちの、俺の、タイムトライアル。

スタートだ!


コースは、いつもの坂あり周回マイコース。

以前の10kmのよこはま月例のタイム、44分4秒からVDOTで計算される3kmのペースは、4分10秒ペース。

走り出し、3分45秒ペース。


「少し速すぎるか?」

と俺の相棒Garmin ForeAthlete 935を見て、左に曲がろうとした、そのとき。

!!!

門が閉まってる。
いつものコース、門が閉まってて入れねぇ。。。

どうやら、いつもの坂あり周回マイコース(横浜刑務所の周り)は、深夜帯は立ち入り禁止のようだ。


急遽まっすぐ進む。

細い路地を走り、大通りに出る。

「どこだここ?」

不安を抱えながらも、ペースを維持。


その後、知っている道に戻ってきたが、どこを走るか考えながらのタイムトライアルとなり、動揺しながら走っていた。


1.5kmあたりを過ぎてから、呼吸と心拍が限界を迎え始める。

2回吸って、1回吐く。

少しずつペースが落ちていくのを感じながらも、最大限の力を出す。

そして、最後の1kmから、緩やかな上り坂で、俺の脚が終わる。

俺の相棒が告げる3kmの合図の直後、一気に脚を止める俺。


結果。
VDOTの予想よりも若干速い、キロ4分4秒ペース。


詳細のペース。
どんどん落ちて行っている。


ペースグラフと心拍数グラフ。
3か所でペースが落ち込んでいるのは、鋭角な曲がり角。
心拍数は上がりっぱなし。


ピッチと歩幅。
短くなる歩幅を、ピッチで稼ぐ後半の走り。
まだまだ筋力が少ないようだ。


相変わらず長めの接地時間。




HOTT3kmを終えて、ダウンジョグをしながら自宅に戻る。

2018年6月9日の日の出は、4時25分だ。

まだ、歩道に人影は見えない。

時折なくなる車の流れ。

視界の中には、俺以外誰もいない道。

朝ラン、実に気持ちがいい。


自宅に戻り、スポーツドリンクと、鉄分牛乳+プロテインを飲み干す。

ラン後30分以内に、糖分とタンパク質の補給をすることが、回復のためには重要だ。

シャワーで汗を流し、ブログを綴る。

まだ朝6時。

有意義な時間を過ごせる朝ラン。

実にいい。



そして、HOTT3kmから見えた課題と7月22日までの練習計画を立てる。

今回のタイムは、12分16秒。

7月22日までに、12分を切れるようになりたい。
できるならば、11分45秒。

短い距離を速く走るためには、
・スピードの強化
・VO2MAXの向上
が重要だと考えられる。


そのための練習として、
・インターバル走1km×5本
・インターミッテント
・3kmTT
を行う。

また、総合的な筋力向上のため、いままで以上に体幹の強化。


リレーマラソンで、少しでも速く走り、皆さんの足を引っ張らないよう、真摯に練習に取り組みたいと思う。


いつもありがとうございます!応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ