3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

日の丸とニップルバンド。

仕事から帰宅後。

俺は、いつものように走りに行った。

最近は、信号はないが坂がある1km程度続く直線を往復するコースがお気に入りだ。

気温も下がってきており、夏場は5km程度で給水が必要だったが、ここ最近は10km程度のランであれば、給水せずに走り切る。


そのコースを上るときは、キロ5分強。

下るときは、キロ4分45秒程度。

そんなペースでジョグ。


すると、向こうの方から、白の短パンと、左の胸元に「日の丸」をあしらった白のランTを着た、気合が入った感じのおじ様ランナーが走ってきた。

結構なスピードで走っている。

フォームも綺麗だ。

「あるいは、昔、全日本のメンバーだった方なのだろうか。」

そんなことを思いながら、すれ違う。


そのおじ様ランナーの気合の入りように、俺も自然とピッチが上がる。


折り返し、今度は上り坂。

あ、さっきのおじ様ランナーだ。

相変わらず綺麗なフォーム。

おじ様ランナーは、俺など全く気にしてない様子だ。

俺とほぼ同じコースを走っているようだ。



そして、また折り返し。

やはりそのおじ様ランナーが遠方からやってくるのが見える。

そこで、俺は、ふと気付いた。


白いランTの左の「日の丸」が、楕円形に伸びているのだ。

そして、右胸元に、梅干しサイズの「日の丸」が現れた。

「もしや。。。」


次の折り返し。

右の「日の丸」のサイズ感が明らかに変化している。


当初の目標の10kmを走り切り、ガーミンを止める。


が、その後の「日の丸」の変化をチェックしたい衝動にかられ、ダウンジョグ開始。


おじ様ランナー。

左の「日の丸」はもはや「日の丸」ではなかった。

白のランTに描かれた、赤い縦の一筋。

そして右の胸元に赤の楕円。


「完全に乳首やられてるじゃんか。」


ただ、そのおじ様ランナーは、Tシャツのことなど全く気にしていない様子で、軽快なスピードで走っている。

乳首だけでなく、精神力も相当に鍛えられているようだ。


そして、5kmのダウンジョグを終えたころ、そのおじ様ランナーの白のTシャツには、赤い縦の筋が二ホン入っていた。



男性の方であれば、経験があるだろう。

ランTと乳首が擦れて、痛くなる現象。


ランニングを始めた当初は、あまり距離も走れなかったため、それほど気にならなかったが、今ではハーフマラソン以上の距離を走る際は、死活問題になっている。


初めの頃は、バンドエイドでしのいでいたが、剥がれやすく、レース後半で痛くなることがあった。


そこで今では、こちらを使っている。

NIPPLE BAND


乳首の形状に合わせた丸形のバンドエイドのようなものだ。

丸形なので、Tシャツとの擦れに強く、粘着性に優れている。

そして、何より乳首の全てを優しく包み込んでくれる安心感がある。



コースでお会いしたおじ様ランナーには、もしかしたら不要なのかもしれない。


ランの練習の度に乳首を消耗して流血は、本望ではないと思う。

これからレースの季節、みなさんも不意の「日の丸」を背負ってしまわないよう、お気をつけください。




いつもありがとうございます!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ