3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

安藤友香選手の忍者走りとpetaさんの常歩(なみあし)。

先日のちみ練30km走で新横ぐるぐる

俺以外の参加者は、みなさんアラウンドサブ3ランナーで、、、

なんとか10kmは、食らいつき、走り切ったら、10kmのPBを1分以上も更新すると言う始末。

みなさんとのレベルの違いを痛感したんですよ。


で、このちみ練で、気になったことが一つ。

ここ最近、めきめきと走力を上げてきている飲み会団長のpetaさん

このちみ練では、30km走をキロ4分11秒ペースで走り切り、トップで30km完走していた。

この写真のオレンジ色のTシャツがpetaさんだ。


そんなpetaさんのランニングフォームは、常歩(なみあし)、または忍者走りと呼ばれるフォームを取り入れていると言う。
run2die.net


腕は、下の方で振り、後ろ足の蹴り上げは小さく、こじんまりとしたフォーム。

エネルギーの消費は少なさそうではあるが、あまり格好良くはない。



先ほどの写真を拡大してみると、こんな感じで、やはりあまり格好良くはない。

こ、これが忍者走りってことなのか。。。



だが、悔しいかな、すげー速いのだ。

petaさんのフォームは、「忍者走り」と呼ばれる安藤友香選手のフォームに非常に近い。

高橋尚子さんの解説が非常に分かりやすい。
www.youtube.com



安藤友香選手は、2017年3月の名古屋ウィメンズマラソンで初マラソンにも関わらず、2時間21分36秒の当時歴代4位となるタイムで走り切った。

その後、タイムはそれほど奮ってはいないが、若手の有望な選手の一人だ。

そして、綺麗だ。
www.youtube.com



petaさんとは、大井東京夏マラソンでもご一緒させて頂いたのだが、そのときはもっとダイナミックなフォームだった記憶がある。

フルマラソンを走り切る場合、サブ3であれば、キロ4分15秒ペース(100mなら25秒)。

サブ3.5であれば、キロ5分ペース(100mなら30秒)だ。

小学生のときの自分の100mの記録よりもだいぶ遅く走っても、問題ないペースだ。

その走りに、ダイナミックさは必要ないのだろう。

ダイナミックさよりも、42.195kmを走り切れるエネルギー消費の効率が良いフォームが重要なのだろう。



忍者走り。

常歩。

そのフォームを取り入れてから、長距離のタイムがどんどん伸びているpetaさん。


すこし、俺もpetaさんのフォーム、真似してみようかなぁ。


フォームを真似したとしても、これは真似できないけどね。


petaさんのように、速く走れるようになりたいという気持ちに、嘘はない。


いつもありがとうございます!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ