3人娘の親父が走る。いつだって全力中年。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴ります。

四十肩からの復帰。復帰初戦の登板。

日曜日の朝。

一人、5時過ぎに起きて、おもむろに出発の準備を始めた。

今日は久々の草野球だ。


俺は、親父の会の草野球チームに所属している。

一応ピッチャーをやっているのだが、ここ最近は四十肩に苦しみ、外野手としてチームの末席を死守している。
www.all-out-running.com


試合前

今日は練習試合。

しかも強豪チームとの。

相手チームは、平均年齢28歳、高校野球経験者+大学野球経験者を含む、本格的なチームだ。


一方、親父の会のチームは、普段練習はしない、平均年齢45歳オーバー、高校野球経験者3名程度の超絶弱小、酔っぱらいチームだ。


「今日も負けに行くことになるんだろうなぁ」


と、早起きしたものの、グラウンドに向かう足は重い。


「コロコロのミート君」と近所のコンビニで待ち合わせして、2人でグラウンドに向かう。

「コロコロのミート君」も久々の練習試合参加とあり、少々緊張気味だった。


「相手チーム、ちょっと強すぎだよね。よくうちらと練習試合してくれるよな。」

「大学野球経験者が何人かいるんですよね。そんなん無理でしょ。」

そんな会話を繰り広げ、この時点で負けることは決まっていたように思う。



グラウンドに到着し、準備を始める。

朝一のグラウンドは、足跡がなく、美しくて、ほんと好きだ。



綺麗なマウンドに上がって、大きな声を出して、思いっきりボールを投げる。

そのときの感覚が最高すぎて、野球はやめられない。



今日の俺は、2番センターで出場。

キャッチボールをしながら、四十肩の様子をさぐる。

「もしかしたらマウンドから投げるくらいは治ってきているかも。」

そんな感覚を持った。


1回の親父チームの攻撃

挨拶を交わし、試合開始。



親父チームが先攻。

1番の「酒好きのMr.ミゾ」が、相手ピッチャーの速球に惑わされながらも、四球を選ぶ。

そして俺の打順。

初回に点数を取って、勢いを付けたい。


相手ピッチャーは、細身の体ながら、しなやかで綺麗なフォームで結構なボールを放る。

非常にコントロールが良く、狙い球を絞りやすい印象だ。


バッターボックスに入り、まずはバンドのポーズで様子を見る。

ファーストとサードのダッシュが凄まじい。

流石強豪チーム。


2ボール1ストライクの絶好のカウントからの4球目。

ど真ん中のストレート。

腰を残して、コンパクトに振り抜き、打球は左中間へ。

クリーンヒット。


「やったぜ!」


ノーアウト1塁3塁になり絶好のチャンスだったが、後続が続かず、結局「0点」。

親父チームのヒットは結局この1本だけだった。。。


頑張った「6人娘のドクター」

1回裏。

ピッチャーは、学生時代に野球をやっていたという「6人娘のドクター」。

6人のお子さんすべて女の子という、子煩悩であり、女に愛され女を愛する、お医者さんだ。

学生時代に野球をやっていたとは言え、10年程度のブランクを経て、ピッチャーをこなすと言うのは、少々酷だ。


「6人娘のドクター」は、強豪チームを相手にして、ピッチングフォームが定まっていなかった。

四球に次ぐ、四球。


分かるぞ。

四球を出しまくって、どうにかしたいのに、どうにもできなくて、辛くなって、更に四球を出してしまう負のスパイラル。

俺も高校球児時代に味わったことがある。


10点くらい取られたあたりから、

「俺が投げなければ」

「四十肩は治っているはず」

センターで一人、肩を振り、登板に向けて気持ちを高めていっていた。


なんとかアウトを3つ重ねて、攻守交替。

実に「17点」取られた。

「6人娘のドクター」、ほんとにお疲れ様。

普通のおっさんが、エンジョイしにきたはずの草野球で、辛かったと思う。


俺の復帰登板

ベンチに戻ると、監督兼サードの「薄めのトシちゃん」に、

「お前、いけるよな。準備してくれ。」と。



もう一人のピッチャー「じゃんがじゃんがーさん」とキャッチボールを始める。

強めにボールを投げる。

少し肩は痛むが、なんとかなりそうだ。

「フォアボールを連続で3つ出したら、変わって下さい。」

と「じゃんがじゃんがーさん」に伝え、次の回からの登板に心の準備をする。


親父チームの攻撃は、良いところがなく終わる。


「よし。」

気合を入れて、マウンドに上がる。

マウンドから見る景色。

後ろを向き、野手たちの顔を見る。

手を挙げて、「しまっていこう」の合図を送る。

最高に気持ちいい。


初球、ストライク。

いけそうだ、俺。


****


結果は、2回と3回を投げて、失点3、自責点1、被安打3、与四死球4。

四十肩からの久々の復帰戦&相手チームが強豪という条件としては、なかなか投げられた方かな。


グラウンド全体を見まわし、声を出して、チームと一体になりながら、ボールを投げる喜び。

やっぱり、ピッチャーは最高に気持ちが高ぶる。



久々の練習試合で1回の途中から疲れ切っていた、キャッチャーの「コロコロのミート君」の返球がショボかった事件。


1塁ランナーがオーバーランしているのを見て、ファーストを守る「酒好きのMr.ミゾ」に牽制を投げたところ、Mr.ミゾが後逸した事件。


相手の変化球に腰が引けて、「やべぇ!」とか言いながら笑顔で見逃しの三振をした「三河屋なキャッチャー」の事件。


ライト方面に飛んだ大きな当たりを、「じゃんがじゃんがーさん」は1歩目から前にダッシュし始めて、強烈なライトオーバーの3塁打にしてしまった事件。


3塁ランナーが監督と話をしてるところに絶好の牽制球を投げたのに、サードを守る「薄めのトシちゃん」が後逸して、相手に1点献上してしまった事件。


「薄めのトシちゃん」が普通のサードゴロをグラブに収められずに、ファーストにボールを投げるもセーフになってしまう事件。


簡単なサード方面のファールフライなのに、「薄めのトシちゃん」はどうにかしてファインプレーに見せようとスライディングキャッチしようか迷った挙句、ヨロヨロしながらフライをキャッチしていた事件。



今回の草野球も、色々な事件があり、大差で負けてしまったものの、すごく楽しかった。

相手チームには、少々物足りなかったかもしれないけど、、、

それは、ほんとすいません。


四十肩とヨガのポーズ

で、四十肩が治ってきた原因について、少々。

7月の大井東京夏マラソンで、ヨガを体験して以降、ほぼ毎日、体幹などを鍛える一環として、ヨガのポーズを取っている。
www.all-out-running.com


ヨガの中でも、四十肩に効果があり、またランニングに重要な肩甲骨周りの柔軟性を高めるポーズとして、「ガルダアーサナ」を取り入れている。

Theヨガのポーズとして、この界隈で良く目にするポーズのうちの一つだ。

ほら。


フジヤマとトシねぇも、ほらね。


関西でも。(ちょっとできてないけど)
f:id:Alloutrun:20181104162546p:plain


ガルダアーサナ的なポーズ、ランニングコーチとして活躍されている青山剛さんも紹介されている。
dosports.yahoo.co.jp


この腕のポーズ、最初の頃は、うまくできなかったが、今ではしっかりできるようになった。

それに伴い、四十肩の痛みも少しずつなくなっていった。

また、ランニング中の肩こりが少なくなったと思う。


最初からうまくいかないとは思うが、毎日続けることで、しっかりと効果が出てくると思うので、同じような悩みを持っている方は、ぜひ取り入れて頂きたい。



今日の試合は、大差での負け。


でも、いつでも楽しい、親父チームでの草野球。

ということで、四十肩も治ってきたし、年末の紅白戦に向けて、ボールをしっかり投げられる体作りも始めるよ!



いつもありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ